眼精疲労ガンセイヒロウ

眼精疲労はどんな病気?
眼精疲労とは、目の疲れの事です。が、疲れ目とは違います。疲れ目は、少し休めば治りますが、治らない状態を言います。この場合は、細かい作業をしていたのならば、一旦、仕事の手を止めて、目をつぶり、濡れタオルなどで冷やすと効果があります。誤った知識で、疲れ目と思い込み、疲労を蓄積する事は大変危険です。目の他の病気にかかったり、視力が落ちることもあります。きちんと管理する事が大切です。


眼精疲労の症状
眼精疲労の症状とは、まず目が乾燥してきます。乾燥により瞬きの回数も増えます。そして見た目には目が赤く充血します。そして目の奥がずきずきと痛み、頭痛や肩凝りも併発してしまうのです。長時間パソコンと向かいあっていると頭痛を引き起こす事があります。これは目が疲労してきて起こるのです。少し目を閉じて休息を取ることで痛みはおさまります。

眼精疲労の原因
眼精疲労の原因の多くが、パソコンによる仕事を長時間行なうことや、テレビや映画などを大画面で長時間見ているとおきるとされています。そのためパソコン仕事やテレビを見る時間を減らせば、簡単に目の疲れは取れるので目が疲れた場合は、無理をせずに目を休める必要があるのです。慢性状態にならなければ、眼科を受診する必要はないはずです。

眼精疲労の検査と診断
眼精疲労はパソコンなど長時間目を使うことにより目が乾いてしまったり痛みが起こったりする症状です。この検査方法としては、視力検査・視野検査・眼底検査・眼圧検査・眼球検査・前眼部(角膜・水晶体・虹彩・前房など)の異常の有無を検査しますが、もっとも重要なのは調節検査です。また、眼に原因がない場合は、全身検査で精密検査をします。

眼精疲労の治療方法

眼精疲労の治療法は、まず目の不純物を取り除くため洗眼します。そして、約50度の温湿布でホットマスクをし目の周りをマッサージします。そしてビタミンbを含んでいる「コバラム」を点眼し、低周波刺激を行います。低周波刺激が終わったら目の周辺を冷湿布し、クーリングします。そして最後に、眼の調節を高める「マイピリン」を点眼して治療終了です。

眼精疲労の初診に適した診療科目

眼精疲労に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ