春季カタルシュンキカタル

春季カタルはどんな病気?
春季カタルとは重症のアレルギー性結膜炎で、春先や季節の変わり目に症状が出るためこの名称で呼ばれます。青少年に発症することが多く、症状は強いかゆみや白っぽい糸を引くような目やにが出るなどがあり、角膜病変があれば視力低下が起こります。まぶたの裏側に乳頭という隆起ができたり、黒目と白目の境目が腫れたりします。治療方法は抗アレルギー薬やステロイド薬の点眼を中心に行います。


春季カタルの症状
春季カタルとは、青少年に多く発症する重症のアレルギー性結膜炎のことをいいます。症状の現れ方についてですが、アレルギー性結膜炎ではかゆみ、浮腫、異物感などが起こったり、角膜の異常による視力低下、コンタクトレンズのくもり、また時にはくしゃみ、鼻水などが起こりえ、これに加え、上のまぶたの裏側に大きなぶつぶつができます。さらに角膜近くの眼球結膜が発赤し、分厚く腫れます。角膜が混濁することもあります。

春季カタルの原因
春季カタルの原因は、目の結膜のアレルギー反応により起こるものです。目の結膜の部分に、花粉やその他のアレルギーの要因となる物質が付着することによって、アレルギー反応を起こして病状を発症させることになります。アレルギーによる病気であるため、体質によってその病状の程度も変わります。アトピーの体質を持っている人にとっては、特にこの病気にかかりやすくなります。

春季カタルの検査と診断
春季カタルの検査方法としては、強い掻痒感が付随する結膜充血・浮腫・眼脂といったところの診断、アトピー体質・季節性があるかといった側面も参考として取り入れています。また、結膜擦過のサンプルからアレルギー特有の白血球を発見することが可能となっており、これもこの病気の検査の手段としては効果的なものだとされています。近年では、涙液中のIgE量が容易に検査できるようになっており、これも注目されています。

春季カタルの治療方法
春季カタルはアレルギー性結膜炎の重症なものをいい、青少年に多く発症します。この病気の治療法は、ステロイド薬の結膜下注射や内服による全身投与を行う場合があります。ただし、ステロイドの副作用として緑内障などの副作用が現れる場合がありますので、症状が軽減した場合は非ステロイド性の抗アレルギー薬や消炎薬に切り替えます。もし上のまぶた裏に巨大なぶつぶつができた場合、手術により切除をすることもありえます。

春季カタルの初診に適した診療科目

春季カタルの専門外来

春季カタルに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ