機械的腸閉塞キカイテキチョウヘイソク

機械的腸閉塞はどんな病気?
機械的腸閉塞は、がんや異物で腸管内が閉塞してしまい、食物やガスといった内容物が通過しなくなる状態をいいます。内容物がたまるため、差し込むような腹痛が起こることもあります。発熱や脱水といった症状もみられることもあります。治療としては絶飲食をして、チューブを用いて詰まっている物を吸引します。症状が改善しない時は手術をすることもあります。

機械的腸閉塞の症状
機械的腸閉塞の症状は、腹痛があり、絞扼性イレウスでは激烈な痛みを伴い持続する場合が多いです。さらに、激しい嘔吐・顔面蒼白・冷汗・頻脈を伴い、重篤化すると血圧降下やショック症を呈します。他に、嘔吐・排便停止・腹部膨満がみられます。閉塞性イレウスでは嘔吐を繰り返すことで脱水症状が見られ、進行すると前ショック状態に移行し、絞扼性イレウスでは、血行障害が進行すると発熱・白血球増加・ショック症状を呈します。

機械的腸閉塞の原因
機械的腸閉塞はがんの腫瘍や異物などで腸管が塞がってしまったり、腸管の癒着、ヘルニア(脱腸)、捻じれ、腸が腸の中に入ってしまう腸重積などが原因です。これにより食物、消火液、ガスなどの腸の内容物の通過障害が起こります。ガスや腸液がたまると腸管が拡張、腸管内圧が上昇し血流障害が伴う場合もあります。一方でけいれんや麻痺によって腸のぜん動運動が阻害された場合は機能的腸閉塞となります。

機械的腸閉塞の検査と診断
機械的腸閉塞の検査方法は造影剤を使用しない腹部単純X 線検査をして拡張した腸管を調べて、腸内のガス像と鏡面像、反射像がみられれば診断がつきます。大腸の閉塞では、小腸だけではなく大腸も拡張します。大腸の閉塞は大腸ガンが原因であることも多いため、肛門から造影剤を注入する注腸X線検査を行うことにより鑑別診断することかを大切です。

機械的腸閉塞の治療方法
機械的腸閉塞の基本となる治療法は、入院しての点滴です。その後、鼻から胃に管を入れ、蓄積された液体を体外に排出して胃や腸の中の圧力を抑えます。この方法で症状が改善し、排便がでるようになり、レントゲン画像でも体内のガスが消失していれば、身体の管を抜くことができます。そして、これらの治療法で改善が見込めないような場合は、外科的な手術を行う必要があるのです。

機械的腸閉塞の初診に適した診療科目

機械的腸閉塞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ