有毛性母斑アリゲセイボハン

有毛性母斑はどんな病気?
一般的にほくろや黒いあざと言われているのが母斑細胞母斑で、メラニン色素を作る細胞が、皮膚で異常に増えてしまったために出来ます。濃い褐色や黒色で平らなものや隆起しているものなどそれぞれあります。また、その母班に毛が生えていることを有毛性母斑といい、その有毛性色素斑が身体のいたる場所にできていることを獣皮様母斑などと言います。


有毛性母斑の症状
身体に毛の生えた黒子や痣が出来るのが有毛性母斑の症状です。これは生まれた時からある場合と、生まれた後に発生した場合があります。有毛性母斑の皮膚における面積は様々で、通常、痛みなどはなく、特に何もしなくても不都合はありませんが、あまりに面積が大きいと、美容上で不適切だと判断されることもあります。出血したり、潰瘍になったりの症状がある場合は、悪性の腫瘍になっている場合があります。

有毛性母斑の原因
有毛性母斑の発生原因としては、まず先天的に細胞の分化異常によって該当部位に母斑細胞が増殖結集した事が挙げられます。母斑細胞は本来、神経細胞またはメラノサイトに分化すべき細胞であったため、その母斑細胞が後者と類似した作用を示し毛母細胞を活性化させる事によって、毛の発現や特異成長を見せる事となります。また、後天的にも強い日光を長期的に浴びる・日焼けサロンの利用などによって発生が見られる例があります。

有毛性母斑の検査と診断
有毛性母斑の検査には有毛性という特徴以外の所見を総合的に判断してどの検査が必要なのかということを判断していきます。もっとも一般的な検査方法は組織を採取して分析するという方法です。この検査結果によってより深刻な母斑であると判断された場合には、CTスキャンやMRIといった最新機器を利用した皮膚以外の体の器官の検査を行うケースもあります。

有毛性母斑の治療方法
有毛性母斑とは、メラニン色素をつくる細胞が皮膚で異常に増加してできる、一般的に「ほくろ」と呼ばれているものの表面に毛が生えている症状のことです。治療法は大きさやその部位によって異なりますが、基本的に切除することが多いです。その面積によっては植皮術を行ったり、レーザー照射を行います。悪性化する可能性や美容上の問題がなければ、放置しても大丈夫です。

有毛性母斑の初診に適した診療科目

有毛性母斑の専門外来

有毛性母斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ