急速性進行性歯周炎キュウソクセイシンコウセイシシュウエン

急速性進行性歯周炎はどんな病気?
急速性進行性歯周炎は歯周病の一種ですが、短期間に歯周組織の破壊が進行してしまうという特徴をもつ病気です。20代半ばから30代半ばといった比較的若い年齢層での発症がみられます。炎症が歯肉にとどまらずに歯の根元の膜や歯槽骨にも影響がある場合があります。日頃の歯磨きの磨き残しはもちろん、生活習慣が大きく関わることもあります。

急速性進行性歯周炎の症状
急速性進行性歯周炎は20~30歳代という若年層に見られる短期間で進行する歯周炎のことです。歯肉が赤く晴れ上がったり、膿がでたり、ブラッシングで出血をしたりするような一般的な歯周病と同じ症状ですが、歯周組織の破壊が加速度的に進み、骨の吸収が垂直方向に起こります。また、一般的に歯周病の原因となるプラークの付着が少ないという傾向にあります。

急速性進行性歯周炎の原因
急速性進行性歯周炎の直接原因としては、カンジダ菌が歯根に進入する事により歯周ポケットが広がる事が挙げられます。歯周ポケットは歯周病の原因菌であるポルフィロモナス・ジンバリス(Porphyromonas gingivalis)菌が繁殖しやすい環境であるため、連日の宴席や、多忙さに追われるなど生活環境の乱れから口腔ケアを怠ることで症状が急激に進行します。

急速性進行性歯周炎の検査と診断
急速性進行性歯周炎の検査方法は通常の歯周病の検査とほぼ同じです。まず問診から始まり、普段の食生活や生活習慣、例えば嗜好品の有無や喫煙の有無を聞き、歯周病のリスクを調べます。そして歯茎の炎症や膿がでていないかのチェックを目視でおこない、プローブという道具を使って歯周ポケットの深さを調べ、歯の動揺を調べます。さらに骨の吸収を調べるためにはレントゲン撮影が必要です。

急速性進行性歯周炎の治療方法
急速性進行性歯周炎の治療法は通常の歯周炎と同じくプラークコントロールが必要となってきます。歯科医院で急速性進行性歯周炎と診断されたら歯周病の原因となるプラーク、歯石の除去から始めます。細菌は空気のないところを好みますので、歯茎の中まで歯石がついていることがあり、こういった歯石の除去は外科手術を伴うことがあります。家庭で行うブラッシングの指導も行います。

急速性進行性歯周炎の初診に適した診療科目

急速性進行性歯周炎の専門外来

関連部位から他の病名を探す

急速性進行性歯周炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ