季節性アレルギー性結膜炎キセツセイアレルギーセイケツマクエン

季節性アレルギー性結膜炎はどんな病気?
季節性アレルギー性結膜炎は、花粉をはじめとしたアレルギー性物質が目の表面に付着して、結膜に炎症を起こす病気です。季節により様々なアレルギー物質が浮遊していて、症状が出る人と出ない人がいます。炎症により、目のかゆみや目の充血といった症状がみられます。アレルギーを持っている人は、症状が出る前に目薬による対策をすることが最も効果的です。


季節性アレルギー性結膜炎の症状
季節性アレルギー性結膜炎は、花粉がとびはじめると、目がかゆくなるという症状からはじまります。目がくしゃくしゃしたり、充血したりします。目やにが出て、涙目になり、目やまぶたが、かゆくなります。目をこすったり、かいたりすると、痛みはじめ、目がごろごろします。放置すると、まぶたが、赤く腫れてきて、悪化すると、角膜周囲充血して、結膜に、ゼリー状の目やにがでます。

季節性アレルギー性結膜炎の原因
季節性アレルギー性結膜炎には、代表的なものとして杉やヒノキの花粉があります。また、ブタクサなどもその一つです。アレルギー反応は、肥満細胞からヒスタミンを大放出します。それによって、目の知覚神経や毛細血管が刺激され、かゆみや炎症を起こすのです。目の表面にその花粉などのアレルゲンが付着することによって、結膜に炎症が起こることが季節性アレルギー性結膜炎の大きな原因です。

季節性アレルギー性結膜炎の検査と診断
季節性アレルギー性結膜炎眼の検査方法は、まず医師による視察と問診を行うことが基本です。そこで、激しい結膜住血や浮腫などの有無をチェックします。結膜擦過と言われる結膜からこすりとってサンプルを抽出する検査方法からは、アレルギー反応に特有の白血球の有り無しを確認します。局所のアレルギー反応の科学的目印となる涙液を用いた検査方法を行うこともあります。

季節性アレルギー性結膜炎の治療方法
季節の要因で起こる季節性アレルギー性結膜炎の治療法は、基本的には点眼による薬物療法です。はじめに抗アレルギーの点眼薬を用いて、状態がよくならない場合はステロイド系の点眼薬を使用します。まずは眼科に通院して、季節性アレルギー性結膜炎に関して、相談を受けた後に適切な薬物で治療していくのが一般的です。また、アレルギーの原因となる物質を遠ざける工夫を行う事です。

季節性アレルギー性結膜炎の初診に適した診療科目

季節性アレルギー性結膜炎の専門外来

季節性アレルギー性結膜炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ