アレルギー性腸炎アレルギーセイチョウエン

アレルギー性腸炎はどんな病気?
アレルギー性腸炎の症状は、下痢・嘔吐・腹痛などの消化器系の症状や、全身へのアレルギー反応です。摂取した食べ物は消化酵素により消化・吸収されます。その際、アレルギー性腸炎を引き起こす原因は、消化しきれないたんぱく質のペプチドが原因となり腸管粘膜に侵入し、消化器系を中心にアレルギー反応を引き起こします。脱水症状には注意し、イオン飲料などを摂取する事が大切です。


アレルギー性腸炎の症状
アレルギー性腸炎は、特定の食品を摂取すると胃痛・腹痛・下痢・嘔吐・湿疹・じんましん・気管支喘息・血便などの症状を引き起こします。重篤な場合では全身に症状があらわれ、呼吸困難や血圧低下・アナフィラキシーショックを引き起こすこともあります。子どもがこの病気にかかり、下痢と腹痛を繰り返すと治りにくくなることが多いので注意が必要です。

アレルギー性腸炎の原因
アレルギー性腸炎とは、特定の食物がアレルギーの原因物質であるアレルゲンとなって腸内で過敏症状を示す疾病です。卵や牛乳及び大豆がアレルギー性腸炎を引き起こす3大アレルゲンです。また肉や魚なかには米もアレルゲンとなる人もいます。アレルギー反応は体調不良も引き金となる傾向がある為体調を整え栄養を充分に摂取する事が発症を抑える事が出来ます。

アレルギー性腸炎の検査と診断
アレルギー性腸炎の検査方法は次の通りです。まず問診で摂取した食べ物の種類と症状を確認し、アレルギー原因物質の見当をつけます。次に便の検査を行い、即時型のアレルギー性腸炎か遅延性かの確認をします。そして血液検査を行い、アレルギー性腸炎であることを確認します。その後通常のアレルギー検査と同様に、プリックテストやスクラッチテストなどの各種試験を行って、アレルゲン物質を確定します。

アレルギー性腸炎の治療方法
アレルギー性腸炎は、すでにその症状が現れてしまっている場合は、下痢や嘔吐などによる消化器の症状、脱水症状、栄養不良に対する緊急的な対症療法を行います。アナフィラキシーショック症状が疑われる呼吸困難といった全身性症状がある場合、それを改善する緊急治療法を実施する必要があります。応急措置を施し、危機を脱したのちに、アレルギーに対する治療を開始します。アレルゲンを与えない配慮が必要不可欠です。

アレルギー性腸炎の初診に適した診療科目

アレルギー性腸炎の専門外来

アレルギー性腸炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ