胃角部潰瘍イカクベカイヨウ

胃角部潰瘍はどんな病気?
胃角部潰瘍とは、胃潰瘍のことで消化性潰瘍とも呼ばれます。胃内にできる潰瘍は胃角部にできることが多いのです。潰瘍はストレスやピロリ菌などにより、胃の粘膜の防御機能が低下すると胃壁に傷ができやすく、それが潰瘍になります。上腹部の痛みや胸やけ、食欲不振、膨満感などの不快な症状となって現れます。治療法は、薬物療法・内視鏡手術・外科手術があり、症状により治療は変わります。

胃角部潰瘍の症状
胃角部潰瘍の自覚症状で最も多いものは、みぞおちの痛みです。約半数の人は空腹時に痛みを感じることが多いといわれています。これは胃に何も入っていない状態のときに、胃液が潰瘍を刺激することにより痛みを強く感じるからです。また他には胸焼けや嘔吐、吐血の症状や、出血がひどい場合には下血し黒い軟便が出ます。これらの症状は、ストレスや睡眠不足などにより増強されます。

胃角部潰瘍の原因
胃角部潰瘍という疾患には幾つかの原因がありますが、特定の菌が胃の粘膜の障害となることにより、潰瘍を引き起こすものがあります。この潰瘍になるには、菌の存在に加えて、生活習慣やストレスなどの影響が加わってつくられることもあり、痛み止めや解熱薬として使われている鎮痛薬の成分が大きく影響することもあり、この潰瘍の起因は多岐に渡ります。

胃角部潰瘍の検査と診断
胃角部潰瘍の検査方法には主に内視鏡検査とX線検査が用いられます。内視鏡検査では内視鏡を挿入して病変部を直接観察することができます。胃角部潰瘍の形や大きさ、深さ、個数などの病気の程度をしっかりと確認することができます。X線検査では造影剤であるバリウムと胃を膨らませる発泡剤を飲んでもらいます。粘膜欠損を起こした潰瘍部では突出像として特異的な所見が見られるため判断することができます。

胃角部潰瘍の治療方法
胃角部潰瘍の基本的な治療法は、その症状により異なります。この潰瘍の治療は薬物療法が基本で、胃酸や消化力を抑える薬や、これらの分泌を抑える薬、粘膜を保護して潰瘍の回復を向上させる薬などがあります。又、潰瘍から出血している場合は、内視鏡で出血している部位を観察しながら、レーザー光線を照射して患部の止血をする治療方法もあります。

胃角部潰瘍の初診に適した診療科目

胃角部潰瘍の専門外来

胃角部潰瘍に関する書籍はこちら

スポンサーリンク
胃角部潰瘍の治療・診断をご希望される方へ最適な病院・クリニック・診療所をおすすめします。
胃角部潰瘍に関する病院・クリニック・診療所は以下の診療科目からお探しください!
病院検索ホスピタ【HOSPITA】なら、現在診療中の病院・クリニックがすぐにわかるため、安心してご利用いただけます。

この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ