肺気腫ハイキシュ

肺気腫はどんな病気?
肺気腫とは呼吸細気管支と肺胞が破壊される病気です。息を吸うときには肺に空気が入りますが、吐き出すときにうまく空気が出て行かなくなります。この病が進行すると、正常な肺の血管が細くなったり心臓を圧迫したりします。症状は身体を動かしたときの息切れ、胸郭が張り出すようになると少し歩いたり安静にしていても呼吸困難に陥ったりします。


肺気腫の症状
肺気腫の主な症状は息切れや咳、痰、浮腫みなどです。少しの運動で息が切れてしまうため呼吸が苦しくなりチアノーゼが出てしまうことで不安感を抱くなど精神的な障害を伴うこともあります。そのため嚥下障害を引き起こしたり食欲不振などに陥り、栄養失調による体重の低下が見られるケースもあります。重症化すると体力の低下につながり寝たきりになる場合があります。

肺気腫の原因
肺気腫の原因は未だ明らかになってはいませんが、患者の8割が喫煙者であるため、喫煙が疾患の発症に大きく関わっていると考えられています。また遺伝的な要因もあると考えられています。α1-トリプシンという酵素が先天的に欠損している場合、環境要因が加わると発症率が高くなります。喫煙などの環境要因と遺伝的要因の二つが大きな要因であるということが言えます。

肺気腫の検査と診断
肺気腫の検査方法について調べるとたくさんみつかります。具体的に言うと、胸部x線検査やCTスキャンなどのがぞうを用いた検査と、スパイロメトリーという技術を用いた肺機能検査などがあります。検査をする場合には、大きな総合病院まで行くとよいです。たばこをよく吸う人は、発病する可能性が高いので検査を受けてみることを、オススメします。

肺気腫の治療方法
気管支を拡張させる効果がある薬を服用すると、初期の段階の肺気腫を治療することが出来ます。気管支を拡張させる薬を使うことで、肺に空気をスムーズに送り込めるようになります。それ以外にも痰を取り除く薬を飲む治療法で、呼吸を楽に行なえるようにすることが出来ます。散歩やジョギングなどの、軽い運動を行なって体と肺活量を鍛えると症状が緩和します。

肺気腫の初診に適した診療科目

肺気腫の専門外来

肺気腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ