細菌性疾患サイキンセイシッカン

細菌性疾患はどんな病気?
細菌性疾患は細菌によって引き起こされる病気で、伝染します。血液中毒や腎不全、中毒性ショック症候群など生命を脅かす合併症をもたらす場合もあります。この細菌性疾患という病気の症状は大腸炎やインフルエンザに似ていて、主に発熱を伴います。発症した場合は抗生物質での治療を行い、静脈や筋肉内に注射をすることによって経口投与します。

細菌性疾患の症状
細菌性疾患の症状はインフルエンザやウイルス感染などの症状に似ており熱が上がり意識がもうろうとし、嘔吐する場合もあります。腎不全や重い病気を引き起こすことが多いことが特徴の細菌性疾患です。無気力や無反応な状態で返答もなく、尿の量も減少したり排尿を行なわないことや息切れを起こし、呼吸困難を招いている場合などは命が危険な症状の現れです。

細菌性疾患の原因
細菌性疾患は細菌の感染によって引き起こされる病態であり、その原因は何らかのルートをたどり細菌が体内に侵入することにあります。赤痢菌やコレラ菌・黄色ブドウ球菌やサルモネラ菌などのように水や食物を通して口から侵入する場合もあれば、肺炎球菌やインフルエンザ桿菌などのように飛沫を通して気道から侵入する場合、MRSAや腸球菌のように手を媒介して腸や肺に侵入する場合があります。

細菌性疾患の検査と診断
細菌性疾患の検査方法は血液検査や遺伝子検査などが主流の検査方法になります。感染が疑われる患者を隔離しその血液を採取して分析する方法と炎症を起こしている患部の一部などを採取して遺伝子検査を行うものなどがあります。採取した血液や遺伝子などは抗体検査やワクチン検査などさまざまな精密検査に回されることになります。専門の医師が検査にあたります。

細菌性疾患の治療方法
細菌性疾患の治療法とは、抗生物質を使うものを指します。抗生物質を使うことで、人体に対して有害な細菌を対処することが可能となります。医師に診断してもらい、処方してもらうのが一般的な流れとなっていますし、静脈注射で投与してもらうといったケースもあります。細菌の種類、重度などによって、具体的な対処方法は異なることも多いです。

細菌性疾患の初診に適した診療科目

細菌性疾患の専門外来

細菌性疾患に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ