合併症妊娠ガッペイショウニンシン

合併症妊娠はどんな病気?
合併症妊娠とは、妊娠中に疾患が起こる複合症または妊娠する以前より疾患のある妊婦が妊娠した際の状態のことを指します。どちらの事例も妊娠に直接関わることが多く、朱さんに関しては慎重に行うべきとされています。病態によっては出産を断念しなければならない場合もあり、疾患の治療を行うにしても薬物の副作用や治療によるダメージによって胎児に影響が出る可能性もあります。


合併症妊娠の症状
合併症妊娠の主な症状について説明します。これは妊娠により起こった他の病気の事を言います。妊娠前からあった病気と妊娠により起こった病気の二つがあります。妊娠前から病気にかかっている場合は、専門医に相談して決めなければ最悪は中絶をしなければならない事もあります。病気が悪化する恐れがあるからです。妊娠をきっかけにして発症する病気に妊娠性糖尿病があります。

合併症妊娠の原因
合併症妊娠の原因には、妊娠前からもともと患っている疾患で、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮奇形など、婦人科系の疾患があります。また婦人科系以外の全身疾患も当てはまります。糖尿病や膠原病、甲状腺機能亢進症などがそれにあたり、重度の影響を及ぼす可能性があります。また、アレルギー性の疾患や喘息、各種の感染症も合併症をひこおこす理由となる場合があります。

合併症妊娠の検査と診断
合併症妊娠症の検査方法は、血液検査により行います。一度の採血にて、複数の検査結果を得ることができます。血液型検査、貧血検査、梅毒血清検査、風疹抗体検査、B型管会陰抗体検査、C型肝炎抗体検査、トキソプラズマ抗体検査、クラミジア検査などが行われます。これらの検査は、通常妊娠が確認された妊婦のほとんどの人が受ける検査になります。

合併症妊娠の治療方法
合併症妊娠とは妊娠にともなっておこる病気のことで治療法は内服薬を使用しますが発生した病気によって異なります。合併症が悪化して危険な状態になる場合は中絶が必要になることもあります。婦人科疾患、循環器疾患、血液疾患、呼吸器系疾患、外科疾患など症状は様々で原因も病気によって違います。血液型検査や風疹抗体検査、貧血検査などで調べます。

合併症妊娠の初診に適した診療科目

合併症妊娠の専門外来

合併症妊娠に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ