進行胃がんシンコウイガン

進行胃がんはどんな病気?
進行胃がんは、がん細胞が筋層以下に達してしまった状態のことをいいます。リンパ節への転移や、遠隔転移の可能性か非常に高くなります。またお腹の中全体にがん細胞が広がる腹膜播種によってもたらされるがん性腹膜炎がしばしばひきおこされます。がん制腹膜炎はがん細胞が内蔵をおおっている膜を破り、がんが散らばった状態のことをいいます。


進行胃がんの症状
早期の段階ではほとんど症状を伴わないことが多いです。健康診断や人間ドッグなどで偶然に見つかることが少なくありません。進行胃がんの段階になると、上腹部の不快感、膨満感、食物のつかえ感、食欲が出ない・減ってくる、体重が減ってくる、貧血に伴って疲れやすい、運動時に息切れしやすい状態になります。そのため進行度合いに応じた治療法のガイドラインがあります。

進行胃がんの原因
進行胃がんが引き起こされる原因としては、喫煙の習慣が普段からあることが関連していると考えられています。タバコには発がん性物質が多く含まれており、とりわけ胃がんを発症させるだけでなく、進行速度が著しく速くなるケースも多くなっています。また、胃に存在するピロリ菌の数が多い人も進行性のがんにかかる可能性が高くなると考えられます。

進行胃がんの検査と診断
進行胃がんの検査方法は、内視鏡を使って胃の内部の様子をみる方法や、バリウムを飲む胃X線検査があります。その他に、胃の内部の組織を採取して調べる病理検査や、がんが他の部位に移転をしていないかどうかなど、この病気の治療法を決める判断材料になるCT検査も行われます。また、胃のすぐ近くにある大腸に、移転やがんの広がりがないかをみる注腸検査などが行われます。

進行胃がんの治療方法
進行胃がんが見つかった場合、病巣をとりきれることは少なくなります。浸潤の度合いが深くなったり、他の臓器への転移が見られるためです。そのため、症状を改善させるための「姑息的な手術」を行なうことが多くなります。食べ物の通りをよくするバイパス手術がその治療法の一例です。転移の範囲が広く手術ができない場合は、抗がん剤の投薬治療や免疫療法が行なわれます。

進行胃がんの初診に適した診療科目

進行胃がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ