心因性精神障害シンインセイセイシンショウガイ

心因性精神障害はどんな病気?
神経症・心因反応・心身症などで、心理的な要因で起こるのが心因性精神障害(しんいんせいせいしんしょうがい)と呼ばれています。発病の原因は、本人の性格、精神的なダメージを受ける出来事などの心理的、様々な人間関係、継続的な会社におけるストレス、環境的な要因が発病の原因といわれています。心因性は内因性に較べて症状が比較的軽い場合が多いといわれています。


心因性精神障害の症状
心因性精神障害は様々な原因について言及されており解明がされています。その主たる症状はいわゆるノイローゼ状態を呈するもの、一般的に認知されつつあるうつ病やその過程を呈するものなどの様々な身体的及び肉体的な障害を伴います。心因性ということから他の方にはわかりえないことが原因でありますが、それらの患者の周囲の方が異変に気付く、診察を勧めることが大切です。

心因性精神障害の原因
心因性精神障害は精神障害のうち特に内外共に身体的な異常が認められないケースのものです。ノイローゼやうつ病もこれに含まれ、ほぼ100パーセント本人のメンタル面に起因するため身体的に健康な人でも起こり得る症状なのです。その原因はほぼ心因的なストレスに求める事が出来ます。例えば本人が精神的ショックを受ける事象に遭遇したり、また不安や恐怖に支配される様な環境下に長期間留まり続けた場合に発症します。

心因性精神障害の検査と診断
心因性精神障害とは、心因反応や神経症、心身症と呼ばれるものが含まれ、いわゆる人格障害も含む事があります。原因は環境や性格など心理的なストレスが原因をなって生じるものと考えられており、理由がはっきりと認識できるのも特徴のひとつです。検査方法としては、これまでは問診でしか診断できなかったが、脳血流検査法や血液検査法が開発さてれきている。

心因性精神障害の治療方法
心因性精神障害の治療法には、抗うつ薬や抗不安剤などの精神安定剤を使用していく方法があります。しかし、症状の重さや改善の具合には個人差があります。そのため、患者のストレスの原因となっているものを解決したり、カウンセリングも同時に行っていきます。患者の不安を和らげ、生活を見直すことで回復することも多いのが特徴です。治療は長期にわたって行います。

心因性精神障害の初診に適した診療科目

心因性精神障害の専門外来

心因性精神障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ