急性単球性白血病キュウセイタンキュウセイハッケツビョウ

急性単球性白血病はどんな病気?
急性単球性白血病とは、急性のウイルス感染などによって、白血球の一種である単球ががん化してしまうことを指します。急性白血病の中にはいろいろなタイプがありますが、単球性の場合は、その中の一種である単球が異常に増殖し、がん化しているためにその機能を失っているため、感染症などにかかりやすくなります。そのため、治療中は感染症を防ぐ必要があります。


急性単球性白血病の症状
急性単球性白血病の症状はいくつかあります、もちろん白血病の一種類ですので白血病で見受けられるような症例が多く見られます。全身の倦怠感、疲れがとれない感じ。あるいは転んだりして出血を伴ってしまった際に出血が止まらないという状況が見られます。また脾臓や肝臓やリンパ節などに浸透して臓器腫大を引き起こすというケースもあります。

急性単球性白血病の原因
白血病は血液のガンといわれており、いまだにはっきりとした発症原因はわかっていませんが、骨髄性白血病となる遺伝子の異常がつきとめられ、治療の開発に繋がるかもしれないと期待されています。最近の遺伝子研究で、遺伝子の異常を引き起こす発ガン物質の研究も進んでいます。白血病には、急性と慢性があり、急性単球性白血病は、単球系の細胞の異常増殖がみられます。

急性単球性白血病の検査と診断
急性単球性白血病は、血液検査によって血液内の単球に異常が見られた際の検査方法として、骨髄穿刺によって骨髄液を採取して、メイ・ギムザ染色、ベルオキシダーゼ染色、エステラーゼ染色といった方法で、細胞を染色して細胞の異常を検査します。また、フローサイトメトリという機械を使用して異常細胞のタンパクを検査したり、染色体検査や核酸増幅検査をして単球の異常を診ます。

急性単球性白血病の治療方法
メルカプトプリンの投与を受けると、急性単球性白血病を治すことが出来ます。メルカプトプリンを使用した治療法なら白血球の数をコントロールすることが出来るので、白血病の悪化を効果的に抑制する事が出来ます。シタラビンという抗がん剤も治療に効果的です。重症の場合でも骨髄移植の手術を受けると、白血病の症状を完治させる事が出来ます。

急性単球性白血病の初診に適した診療科目

急性単球性白血病の専門外来

急性単球性白血病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ