頸動脈怒張ケイドウミャクドチョウ

頸動脈怒張はどんな病気?
頸動脈怒張とは、血管が通常の時に比べて腫れてしまう事で頸動脈が、拡張してしまう病気のことです。血液の循環が何らかの原因によってうまく巡っていない場合にこうした症状があらわれます。心臓のなかでも、静脈の血を肺に送る役割の右心房系列の機能不全が起きたり、右心不全を引き起こして肺梗塞や慢性の疾患を引き起こす原因となっています。


頸動脈怒張の症状
頸動脈怒張の症状はいくつかあります、特に頚動脈は大きな血液の流れをもっています、ですので以下のような兆候が見られます。心臓のポンプ機能が低下して全身に血液が十分に行き渡らなくなる場合があります。それによってだるさな悪寒あるいはめまいなどを発生する場合もあります。また首にはっきりと血管が浮かび上がるようなケースもあります。

頸動脈怒張の原因
頸動脈怒張は、頸動脈が怒張することによって起こり、心臓の右心室の機能不全が原因になります。右心不全を引き起こす疾病には、肺梗塞や慢性閉塞性肺疾患などの肺の疾患や、うっ血性心不全などがあります。血栓などによって起こる場合や、動脈瘤によって起こる場合もあります。どちらにしても、呼吸器系か循環器系の疾患によって、この症状は引き起こされます。

頸動脈怒張の検査と診断
頸動脈怒張の検査方法には、まず造影剤も不用で簡単に受けられる超音波検査があります。またMRIより血管撮影が詳細にできるMRA検査があります。この検査でカバーできない部位にはCTA検査が用いられます。造影剤を点滴しながら撮影するので、頸動脈だけでなく周辺の血管も詳細かつ立体的に撮影できます。さらに怒張の原因を確定するのに適しています。

頸動脈怒張の治療方法
頸動脈怒張の治療法は、薬物療法、安静が一般的です。発症した部分を悪化させないようにするのが重要なケースが多く、場合によっては静脈怒張の改善治療を行います。排尿を促すことも大事なことがあり、水分補給、あるいは利尿薬を使って対応する場合もあります。あとは酸素吸入といった方法も有効的な場合があり、対応パターンはいろいろあるといえます。

頸動脈怒張の初診に適した診療科目

頸動脈怒張の専門外来

頸動脈怒張に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ