腹部アンギーナフクブアンギーナ

腹部アンギーナはどんな病気?
腹部アンギーナは、腸の血流が徐々に減少していくことにより、腸周辺に各種の症状が起こる病気です。動脈硬化や脳血管障害、あるいは心疾患を抱えている場合、腸の血流が減少する傾向にあります。また、そうした病気の治療のための薬剤が作用している場合もあります。これらの原因の結果、腹痛や下血、あるいは下痢を引き起こすことになります。


腹部アンギーナの症状
腹部アンギーナの症状は、腸に関連する疾病のため、血管の縮小による下腹部の痛み、それに伴う便秘や下痢なども引き起こされます。また、便秘の他にも血便が発生したり、また大量に出血する恐れがあります。更に悪化した場合は初期よりも激しい腹痛、吐き気や発熱、嘔吐も繰り返すようになり、ショック状態に陥る可能性があるため注意が必要です。

腹部アンギーナの原因
慢性腸間膜動脈閉塞症の症状である腹部アンギーナは、動脈硬化・高血圧・糖尿病・心疾患・心不全等による腸の虚血、腸管の内圧上昇、血圧降下薬・経口避妊薬・ジギタリスという心不全の薬といった薬剤による影響で引き起こされます。すなわち、こうした症状は全身的要因に腸管自体の血流低下が発生して、腸が虚血状態になることが原因で引き起こされるのです。

腹部アンギーナの検査と診断
腹部アンギーナの診断では、問診・視察での症状、病歴などから薬剤性腸炎やウイルスなどの感染性腸炎との鑑別をします。検査方法としては、注腸造影と呼ばれる、大腸炎に造影剤を注入してX線撮影を行う方法で検査を行います。す。注腸造影を行うと、粘膜の浮腫や大腸壁の効果像が母子圧痕像として確認されるので診断するうえでの大きな手掛かりとなります。

腹部アンギーナの治療方法
腹部アンギーナの治療法は血行再建術です。復数の問題が絡んでいますが先ずは血行再建が優先され、患部の血行再建を中心に治療が開始されます。血行再建を行いながら患者の様子を注意深く観察し、基礎治療をしながら患部の状態を詳細に明らかにします。動脈造影をとり血流が改善しているかを確認し血行再建プランの修正・再建をして治療します。

腹部アンギーナの初診に適した診療科目

腹部アンギーナの専門外来

腹部アンギーナに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ