尿管瘤ニョウカンリュウ

尿管瘤はどんな病気?
病気には非常に多くの種類があり、その病気によって症状や治療法などが全く違ってきます。多くの種類の一つに、尿管瘤という病気があります。この病気は、その名の通り尿管に瘤ができてしまう病気です。詳細な内容としては、尿管の下端と膀胱に繋がっている部分が、膀胱内にて瘤状に膨らんでしまうものとなっています。瘤の中に尿が溜まってしまうこともあり、その場合は尿管の上の方も膨らんでしまうことがあります。

尿管瘤の症状
尿管瘤とは 尿管口の粘膜が狭窄を生じ、尿管下端が膀胱内に嚢状に 拡張した病気です。女性に多く発 症します。 静脈性腎盂撮影では、こぶ状の陰影 欠損があり、コブラ・ヘッド・サインというものが認められます。 症状はとくになく、偶然発見されることが多いです。治療はこぶの一部を内視鏡的に 切開するだけで治ります。あまり大きく 切除すると、膀胱尿管逆流現象を起こす可能性があります。

尿管瘤の原因
尿管瘤は、尿管の開口部が狭いことが原因で、尿管下端の膀胱につながった部分が膀胱内に瘤状に膨らんだ病気です。女性に多く、重複腎盂尿管の上のほうから尿管に現れることがあり、また左側に多く発症するとされています。瘤と言われるのう状の中に、結石を合併する場合もあります。瘤の中に尿がたまって、上のほうの尿管も膨らみ、水尿管・水腎症を引き起こすこともあります。

尿管瘤の検査と診断
尿管瘤(にょうかんりゅう)とは、尿管下側が膀胱内に嚢状に拡がった疾病です。これは、尿管口の粘膜が狭窄したことにより生じます。検査方法は一般的な「超音波エコー検査」です。この検査法で尿管の末端が風船のように膨らんでしまっていることが確認できる場合があります。「尿流量測定ウロフロメトリー検査」という検査も実施します。この検査で尿の勢いを見てとれます。

尿管瘤の治療方法
尿管瘤の治療法とは、まず下腹部から尿管のどの部分に腫瘍があるのかを、把握する必要があります。そして治療するにはその腫瘍を取り除く必要があります。尿道から専用の医療器具を挿入して、腫瘍を取り除きます。これはそのままですと、痛みを伴いますから、麻酔も使用されます。そして切除した腫瘍は検査に回します。悪性である可能性もある為です。

尿管瘤の初診に適した診療科目

尿管瘤に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ