出血性胃炎シュッケツセイイエン

出血性胃炎はどんな病気?
出血性胃炎とは、文字通り出血を伴うような胃炎のことです。通常の胃炎は、胃の内壁が炎症を起こしている状態で、出血までは伴わない場合がほとんどですが、出血性の胃炎の場合は、これらの症状が進んで、胃の内壁から出血が観察されます。胃酸の過剰分泌により、自分の胃壁が溶けてしまって出血する場合もあれば、その他の原因の場合もあります。


出血性胃炎の症状
出血性胃炎の症状は、通常の胃炎のように胃もたれや吐き気、胸痛の他に出血性とある分吐血する可能性が極めて高いです。更には、発熱や疲労感の蓄積、頭痛なども並行して発症することも多くあります。また、締め付けられるような胸の強烈な痛みやめまい、胃内部の出血による貧血も発症してしまい立ちくらみなども引き起こされる可能性があります。

出血性胃炎の原因
出血性胃炎の原因としては、胃粘膜の血流障害が挙げられます。つまり飲酒などのアルコールの摂取や、激辛などと銘打たれた辛い食べ物の摂取、ステロイドやアスピリンなどの薬品の使用や、アニサキス、熱傷や外科手術によるもの、中枢神経系障害、精神的なストレスを激しく受けることなどによって、胃粘膜の血流が悪くなり、この病気にかかる理由となってしまいます。

出血性胃炎の検査と診断
出血性胃炎の検査方法は胃カメラを使った検査です。下血や嘔吐に血が混じっていても胃からの出血と断定するためには胃カメラを使って胃から出血しているのを確認します。胃カメラで検査する時は前日から飲食を控えて胃の中に食べ物が残っていない状態にします。胃カメラを入れると餌付く人もいるので麻酔を打って餌付かないようにしてから胃カメラで検査します。

出血性胃炎の治療方法
胃が炎症を起こして出血した場合は、吐血するケースが多いです。従って、吐血をしたらすぐに内科の病院に診療を受けるべきです。胃カメラなどで出血性胃炎が確認された時の治療法として、原則的には炎症を治す薬の内服で治療します。最近では、胃カメラを胃の部分に入れて、胃の内部に炎症を起こしている箇所に直接的に炎症を抑える治療もあります。

出血性胃炎の初診に適した診療科目

出血性胃炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ