卵巣チョコレート嚢胞ランソウチョコレートノウホウ

卵巣チョコレート嚢胞はどんな病気?
卵巣チョコレート嚢胞は子宮内膜症が卵巣に発生したものです。子宮内膜症は子宮内膜に類似した組織が子宮の内側以外の組織に発生したもので、卵巣に発生することで月経ごとにその内部で出血をし、出血したものが内部に溜まって粘性のあるチョコレート状に変化して嚢胞となります。この疾患は月経痛、不妊の原因、性交痛、排便時痛、腰痛といった症状を呈します。


卵巣チョコレート嚢胞の症状
卵巣チョコレート嚢胞の主な症状としては、疼痛と不妊が挙げられます。重度化していく月経痛、排便痛、性交痛、骨盤痛、腰痛などがみられます。嚢胞が破裂すると激痛を感じます。病巣部が卵巣にあることで、血流不良や炎症などで卵子の発育も阻害されます。また、卵巣表面が硬化してしまい、卵子が排卵されても外に出られなくなるため、不妊に繋がります。

卵巣チョコレート嚢胞の原因
卵巣チョコレート嚢胞の主な原因としては、卵巣の内部に病巣がつくられ、子宮内膜症が進行してしまう事で嚢胞が形成される事が要因となります。この嚢胞内に月経の際の出血が蓄積し、古い血液が内部に溜まることで、この病気につながる事になります。この病気は女性ホルモンの影響が大きな疾患であるため、閉経までの年齢の女性にあらわれるという特徴があります。

卵巣チョコレート嚢胞の検査と診断
卵巣チョコレート嚢胞の検査方法は、まず超音波断層法で嚢胞や癒着を調べます。卵巣の状態を膣の中から診る方法になります。またこの嚢胞はCTやMRIの検査が有効とされています。身体の断面をさまざまな角度から見ることができるため、病変の癒着の状況や位置がより詳しくわかります。次に確定診断に用いられるのが、腹腔鏡検査です。チョコレート嚢胞の場合、この検査でたまった血液を吸い出すこともできます。

卵巣チョコレート嚢胞の治療方法
卵巣チョコレート嚢胞の治療法として最も多く取り入れられているのは腹腔鏡下手術です。この手術を行うことによって確実に嚢胞を摘出することが可能となっています。また、腹腔鏡下手術と同様な手術の方法として腹腔鏡下嚢胞摘出術があり、この方法は妊娠の可能性が高く残ることで知られています。患者の体調や妊娠の希望などで手術方法が選択されます。

卵巣チョコレート嚢胞の初診に適した診療科目

卵巣チョコレート嚢胞の専門外来

関連部位から他の病名を探す

卵巣チョコレート嚢胞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ