正中離開セイチュウリカイ

正中離開はどんな病気?
正中離開とは2本の前歯の真ん中が離れて隙間が開いている状態のことです。見た目が悪いだけでなく、歯の隙間から空気が漏れて発音が不明瞭になったり、口の中が乾きやすく虫歯や歯周病の原因となるため治療が必要です。治療は歯科矯正によって行います。目立ちにくい矯正器具や取り外し可能な透明のマウスピースによって治療を行うことができ、違和感無く美しい歯並びを手に入れることができます。


正中離開の症状
正中離開の症状についてですが、世間で一般的に言われている隙っ歯のことを言います。前場が開いて隙間がある状態になり、奥歯に関しても全体に開いた形の状態になります。これらは虫歯や歯周病の原因ともなるので、治療をオススメします。治療は矯正歯科などでも治療が可能ですし、治療を受けることで良くなります。早めの治療が大切になります。

正中離開の原因
正中離開は、顎の骨があまり綺麗ではない事が原因で起こります。顎の骨が綺麗であると、歯も綺麗な物が生えてきますが、そうではない場合にはやはり綺麗な歯は生えてきてくれません。また、歯と顎のバランスが悪い場合や、歯の数が通常よりも多かったり少なかったりする場合などにも、こちらの病気にかかります。顎に対して歯が小さすぎたり大きすぎる事による場合もあります。

正中離開の検査と診断
正中離開とは俗に言うすきっ歯で、主に前歯について歯と歯の間に空隙が生じている状態をいいます。この検査方法としては主に離開の状態を視診にて把握すると共にその後の歯列矯正術等治療の為に参考とするケースが大半です。また歯根部の状態を含めた詳細についてはレントゲンにて検査を行いますが、歯列矯正を行わなくともラミネートべニア法やセラミッククラウン法にて対処が可能かどうかも確認します。

正中離開の治療方法
正中離開に対して行われている治療法として最も多いのはレジン充填です。隣り合う歯の間に生じている隙間に対して詰め物などに用いられているレジンを重点することで、隙間を埋めることがこの治療の方法です。このような治療の方法は数十分で完了する場合が多く、治療の方法としては簡単に済むものとして挙げられます。隙間が比較的な大きな場合でもこの方法がとられています。

正中離開の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

正中離開に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ