好酸球増加症コウサンキュウゾウカショウ

好酸球増加症はどんな病気?
好酸球増加症とは、血中に半年以上好酸球が増えてしまっている状態のことでこの状態が続くとさまざまな臓器に障害が発生することで知られています。原因としては寄生虫やアレルギーなどですが原因不明のことも多数あります。治療法としてはステロイドを投与することや原疾患が分かっている場合はそこを取り除くことでかなり改善することが分かっています。


好酸球増加症の症状
好酸球増加症の症状は、多種多様であり、どの臓器が侵されているかにより影響をうけます。症候は、食欲不振や疲労、発熱、筋肉痛などがあります。好酸球増多をきたす疾患には、様々なものがあり、好酸球性胃腸炎では、下痢や腹水などがみられます。潰瘍性大腸炎やクローン病でも好酸球増多がみられ、白血病や悪性リンパ腫なども基礎疾患となります。

好酸球増加症の原因
好酸球増加症の原因は多岐に渡ります。自然治癒するものから重症化してしまう場合もあります。感染や気管支喘息などアレルギー性の疾患、悪性腫瘍のために起こることもありますが、発症の理由がわからない場合も少なくありません。程度はさまざまになりますが、寄生虫や呼吸器疾患、内分泌疾患の場合に好酸球増加を認める場合もしばしばあります。

好酸球増加症の検査と診断
好酸球増加症の検査方法は、病歴の聴取や身体の所見などによって行われます。これまでの旅行先やアレルギーの体質、薬物の使用履歴などを患者から聞き取ることによって、判断を行います。また他には、寄生虫に侵されていないかどうかを調べるため、血液の検査などを行います。それでも特定がつかない場合は、合併症を追跡することによって判断します。

好酸球増加症の治療方法
症状が軽い好酸球増加症なら、漢方薬を使った治療法で治すことが出来ます。漢方薬を服用すれば、浮腫の発生を抑制する事が出来るだけでなく、微熱や発疹などの症状を治すことが出来ます。漢方薬は副作用が少なくて安全性が高いので、小さい子供でも服用する事が可能です。免疫機能を強化する特殊なミルクを飲む治療でも、微熱を緩和させる事が出来ます。

好酸球増加症の初診に適した診療科目

好酸球増加症の専門外来

好酸球増加症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ