反跳痛ハンチョウツウ

反跳痛はどんな病気?
反跳痛とは病気の名前ではなく、腹痛の症状のことです。腹痛には2種類あり、この症状のものは、腹部を触診した時に、お腹を押して離した瞬間に響くような痛みを感じます。この症状の場合には腹膜炎を起こしている可能性があります。同じ腹痛の症状でも、お腹を押した瞬間に痛みがある場合を圧痛といい、この症状の場合は、普通の胃腸炎であることが多いです。


反跳痛の症状
反跳痛とは腹痛の病気の一つで腹部を少し圧迫すると痛みが生じ、圧迫を急激に離した時に痛みが増すなどの症状があらわれます。虫垂炎や腹膜炎、子宮外妊娠、急性腹症などが原因です。血液検査やレントゲン、超音波検査、腹部CT検査などで検査をします。通院しながら経口抗菌薬を使って治療をします。重症な場合や高齢者の場合は入院して治療する場合もあります。

反跳痛の原因
反跳痛の原因としては、いくつか挙げられます。まず、腹膜に感染した場合です。具体的には、内臓の炎症が腹膜にまで広がった場合に発症します。外傷によっても発症する場合があります。外部からの強い衝撃で、腹膜に支障をきたした場合です。また、化学的な刺激が伝わった場合にも発症するおそれがあります。内部から何らかの刺激物によって、腹膜に異常をきたすのです。

反跳痛の検査と診断
反跳痛の検査方法は、痛い部分を押してみて判断する触診によって判断します。お腹を押して離した瞬間に痛みが走るのがこの痛みの特徴で、このような痛みの際は、緊急性の治療を伴うような病気や腹膜炎を発症している恐れがありますので、痛みの部位を超音波やX線撮影、胃カメラ大腸カメラなどで、更に詳しく診ていきます。CTやMRIでの検査も有効です。

反跳痛の治療方法
反跳痛は、病ではないので治療法という概念は存在しません。ただし痛みが生じている理由はあるため、それを解決することで痛みは引く傾向にあります。虫垂炎の影響で痛みが生まれた場合であれば、手術で治療することになります。現在では危険性は低いとされている虫垂炎ですが、痛みの影響でショック症状が出ることもあるので、なるべく対処しましょう。

反跳痛の初診に適した診療科目

反跳痛の専門外来

関連部位から他の病名を探す

反跳痛に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ