仮面高血圧カメンコウケツアツ

仮面高血圧はどんな病気?
医療施設や健康診断で測る血圧が、緊張のあまり高くなってしまういわゆる白衣高血圧とは正反対に、病院では正常血圧なのに、自宅で自分や家族が測ると高血圧になってしまう場合を仮面高血圧といいます。日常的にストレスがあり高血圧になっているのに、いざいつもと違う環境で測るとストレスから解放されて血圧が正常になる人は、降圧剤などの治療を受ける機会を失いがちなので注意が必要です。


仮面高血圧の症状
仮面高血圧は自宅で測る血圧は高いのに、病院で測る血圧は正常なので、見逃されることが多くい病気です。種類はいくつかあり、就寝中は正常値でも目覚める頃に血圧が上昇する「早朝高血圧」、夜になって上昇する「夜間高血圧」、職場や家庭でのストレスで上昇する「職場高血圧」が代表的です。自覚症状がほとんどないため、毎日決まった時間に血圧を測ることが早期発見につながります。

仮面高血圧の原因
仮面高血圧の原因は、ストレスや喫煙、あるいは他の体の疾患によって一時的に高血圧になるものです。日常生活や仕事で強いストレスを感じた場合だけ、高血圧の病状を示すような事があります。また、過度の喫煙者である場合においても、喫煙中だけ高血圧の症状を病状を示します。このような部分的な高血圧により、高血圧症状が見落とされることがあります。

仮面高血圧の検査と診断
仮面高血圧は、病院で血圧を検査した場合には正常な数値が検出されるため、発見するのが困難です。そこで、「24時間血圧測定法」といった活動中も睡眠中も血圧を測定し続ける検査方法で調べることが出来ます。事前検査として、まず早朝に自宅で血圧を測り、その後病院で再度計測します。病院で測った数値よりも自宅で測った数値のほうが常に高い場合は要注意です。

仮面高血圧の治療方法
仮面高血圧の治療法は、降圧薬を使うといったものが基本となります。ただし一般的な高血圧とは違うため、降圧薬を使うタイミングを変えるといった工夫が必要な場合があります。降圧薬を飲んでも効かないといったケースがありますが、それは降圧薬を飲むタイミングが合っていないからである場合があります。医師に相談して、どの時間に服用すれば良いのか聞くと良いです。

仮面高血圧の初診に適した診療科目

仮面高血圧の専門外来

関連部位から他の病名を探す

仮面高血圧に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ