汎発性腹膜炎ハンパツセイフクマクエン

汎発性腹膜炎はどんな病気?
体の中には内臓の納まっている腹腔と呼ばれる空間があります。その腹腔全体に炎症が広がってしまった状態のことを汎発性腹膜炎といいます。この状態になってしまった場合、緊急手術が必要とされています。この病気は消化器疾患の合併症として引き起こされます。急性虫垂炎などの臓器の炎症が腹腔を覆っている腹膜に拡がってしまうことが原因となっています。


汎発性腹膜炎の症状
汎発性腹膜炎とは、消化器疾患を基礎疾患として起こる腹膜炎のことです。症状としては我慢できないくらいの腹痛を伴うことが多く、原因としては腸内での穿孔やイレウスなどが多くみられます。この病気の治療法としては、基礎疾患である消化器の疾患を治療することでかなり改善します。しかし重篤化すると腹膜炎から重度の感染症にまで及びます。

汎発性腹膜炎の原因
汎発性腹膜炎の原因には細菌因子と化学因子が挙げられます。細菌因子は急性胆嚢炎や急性虫垂炎などの腹腔内の臓器の炎症が腹膜へ移ることにより生じること、急性虫垂炎が最も多くみられます。 化学因子は、外傷や消化管疾患、腸間膜の虚血によって起きる消化管穿孔で起こる胃液などの腹膜への漏出が挙げられます。胆嚢穿孔が合併した場合や重症の急性膵炎では、細菌感染と化学的刺激が重なり、重症の状態になります。

汎発性腹膜炎の検査と診断
汎発性腹膜炎の検査方法としましては、腹部を触ってみれば、圧痛、腸雑音 、筋性防御やブルンベルグ徴候などの腹膜刺激症状がありますので、これらは特徴があり、診断自体はとても容易につきます。ただ原因となる病気の診断だったり、全身状態の把握の為には、腹部X線検査、内視鏡検査、CT、MRI、超音波検査、造影検査、血液検査などが必要となります。

汎発性腹膜炎の治療方法
汎発性腹膜炎の治療法は、補液や抗生剤を使用することにより保存的な治療をすることで治る場合もありますが早期な手術を緊急で行う場合がほとんどになります。手術方法としては原因となっている臓器を切除したり、穴を塞ぐことを目的とした手術、もしくは腹腔にある膿を取り除くための手術を行います。その後、集中治療を行って回復を目指します。

汎発性腹膜炎の初診に適した診療科目

汎発性腹膜炎の専門外来

関連部位から他の病名を探す

汎発性腹膜炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ