神経症性障害シンケイショウセイショウガイ

神経症性障害はどんな病気?
神経症性障害とは、一般的にはノイローゼと呼ばれている症状のことです。ストレスからくることが多く報告されておりこの治療法としては投薬に頼るのではなく、まずはストレスの原因を取り除くことで簡単に完治することができるのです。しかしながら慢性化してしまうような場合は、神経内科を受診して投薬治療を含めて治療していく必要があるのです。


神経症性障害の症状
神経症性障害の症状は、患っている精神病によって多々例がありますが代表的なものとしては、激しい動悸やめまい、胸の痛み及び不快感等が挙げられます。その他の例では、潔癖症をを発症するケースや、自律神経失調症を発病することもあります。また、社会に苦手意識がある方に発症することも特徴で、このことからうつ病などの病気に発展する可能性もあります。

神経症性障害の原因
神経症性障害は、ノイローゼ、神経質、不安障害、恐怖症など、様々な呼び名で呼ばれていますが、すべて原因は精神的な「トラウマ」が引き起こしています。うつ病と似たようなものだといわれていますが、「体の状態」からではなく「心の状態」から引き起こされるのが特徴的です。神経質な性格の人が、心の傷を抱えることで起こりうる病気なのです。

神経症性障害の検査と診断
神経症性障害は心理的な出来事によって発症する病気です。検査方法は身体の疾患に関する一般内科的な検査(血液、尿、心電図、血圧、X線など)をまず行って身体の疾患が見られない事を確認します。さらに、精神的な症状や心理的な出来事について詳しく問診して専門医が診断します。動悸やめまい、息切れやイライラして落ち着かないなどの心身の不調が長引く様な場合はこの病気が疑われるので早めに専門医に相談しましょう。

神経症性障害の治療方法
神経症性障害の治療法は、精神療法、あるいは集中力を高める治療で改善することがあります。障害と向き合うよりも、集中できる何かにとらわれている状態の方が改善に向かいやすい傾向にあります。例えば、趣味に没頭しているあいだは、障害が発症していないといったケースが多いです。治療薬で対処することもあり、精神安定剤を使用する場合もあります。

神経症性障害の初診に適した診療科目

神経症性障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ