腎障害ジンショウガイ

腎障害はどんな病気?
腎障害は、腎臓の血管が詰まって駄目になる場合や、尿のろ過機能を担うネフローゼが駄目になる症状などがあります。その原因の多くが、糖尿病による血管障害から引き起こされているのです。糖尿病の場合は、血中の血糖値が高くなり、毛細血管から血管が詰まって毛細血管が壊死していくので腎機能が失われていくのです。糖尿病には気をつけましょう。


腎障害の症状
腎障害では、腎臓の機能が低下したことによって起こる病気であるので、その程度によって病状も変わってきます。軽いものであれば何も自覚症状はありませんが、進行するにつれて食欲の低下、手足のむくみ、疲労を感じやすくなる、皮膚のかゆみなど、さまざまな場合があります。子供の場合にも腎臓の機能が衰えることはあり、その場合身長が伸びなくなります。

腎障害の原因
腎障害とは腎臓の機能が低下して、通常の30%の働きしかできなくなったときのことをいいます。原因としては多量の出血による血流量の低下や尿の流れが阻害されて起こったり、手術などで腎臓を傷つけた場合でも起こりえます。きづいた時には手遅れだったということが多いのできちんと検査をしにいかなければなりません。急性の場合は完治することが可能で、慢性の場合は完治することは不可能です。

腎障害の検査と診断
腎障害の症状を判定する検査方法として、簡易な検査として尿検査と血液検査を行います。尿検査に関しては、尿に含まれるタンパクや血が混じっていたら、腎臓に障害が生じていると考えられます。健康な人は、タンパクや血の成分が陰性となっています。血液検査では、腎臓に関する機能に影響を与える尿酸や腎機能に関わる血液の成分を調べていきます。

腎障害の治療方法
腎障害の治療法は、主に食事療法となります。たんぱく質と塩分を制限して、食事を摂っていく必要があります。現在では医療施設に限らず、たんぱく質調整食品があるので、個人でたんぱく質と塩分を調整した食事を用意できない場合にはそちらを利用すると良いでしょう。たんぱく質調整食品は、パソコン、あるいはスマートフォンなどで使える通販サービスを使って購入できます。

腎障害の初診に適した診療科目

腎障害の専門外来

腎障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ