黒毛舌コクモウゼツ

黒毛舌はどんな病気?
黒毛舌とは名前の通り、舌の表面が黒くなってしまう病変です。原因は黒い色素を産生する細菌が増殖することによりおこるものと考えられています。
抗菌剤の投与による菌交代現象によって起こる場合が多いですが、タバコを吸うことによっておこる場合もあります。命にかかわる病気ではありません。

黒毛舌の症状
黒毛舌の症状は、舌の表面にあたかも毛が生えたような状態になることで、舌の表面の糸状乳頭が過形成によって伸びてしまうためです。
色は黒色か黒褐色で、褐色の場合もあります。濃度も様々ですが、糸状乳頭の角化が明白な場合は白色調もまじわります。
毛舌の色は、そこに付着した色素産生菌が出す色、食物の色、タバコのタールによるものです。
自覚所見には、舌上の違和感、口臭、味覚障害などがあります。

黒毛舌の原因
黒毛舌の原因は、体の不調や精神的ストレス、菌の感染などです。発熱や胃腸の障害の他、抗生物質を服用したりするとこの病状が表れることがあります。
また、喫煙や精神的ストレス、さらには、カンジダやアスペルギルスといったような真菌に感染することによっても、この症状を引き起こす要因になります。

黒毛舌の検査と診断

黒毛舌は特有な所見を示し鑑別しなければならない疾患はほとんどありませんが、発症の原因が抗生物質使用による菌交代現象によるものか、食品などの摂取物による一時的な着色かなどをみきわめることが肝心です。



黒毛舌の治療方法
黒毛舌の治療法は、口腔内のケアと角化上皮の除去です。まずは、この病気を引き起こしている原因を除去する必要があります。抗生物質などの薬剤を使用している場合は、出来れば使用を中止するか薬剤を代えてみます。
また、口腔内を消毒作用があるうがい薬を用いて、清潔にすることが重要です。さらに、下の表面にある角化上皮を、ブラシでこって除去することも効果があります。

黒毛舌の初診に適した診療科目

黒毛舌に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ