巨大乳頭結膜炎キョダイニュウトウケツマクエン

巨大乳頭結膜炎はどんな病気?
巨大乳頭結膜炎とは、上まぶたの裏側にブツブツができる症状のことです。
アレルギー性結膜炎の一種で、その大半はコンタクトレンズの使用によるものです。
症状としては、かゆみ、めまい、コンタクトレンズが上にずれ見えにくくなります。
治療は目薬を使用し、治療期間中はコンタクトレンズの使用を中止します。


巨大乳頭結膜炎の症状
巨大乳頭結膜炎とは、結膜に炎症が起こる病気です。症状は、コンタクトレンズ使用者に起こる場合が多く、かかった初期のころには何も自覚がない場合もあります。
上まぶたの裏側に乳頭状のブツブツができることが特徴で、目が痒くなったり、白目が真っ赤に充血することがあります。また、目がごろごろしたり目やにがたくさん出る場合もあります。
コンタクトレンズ使用者では、レンズが曇ったり、汚れやすかったり、ずれたりはりつく場合があります。

巨大乳頭結膜炎の原因
巨大乳頭結膜炎の原因は、コンタクトレンズの汚れによるアレルギー反応です。
コンタクトレンズのケアを怠ると、レンズの表面にタンパク質の汚れが付着します。そのタンパク質などの汚れがアレルギー反応を引き起こし、結膜に炎症の症状を引き起こすことになります。
使い捨てでないコンタクトレンズは、ケアを行わなければ結膜の炎症の要因になります。

巨大乳頭結膜炎の検査と診断
巨大乳頭結膜炎の検査方法は、一般的な眼科での検査を行うのみで、確定診断を行うには、そのほとんどが医師による診察になります。
コンタクトレンズを使用している人で、まぶたの裏をみると白いブツブツがたくさんできているのが特徴的なので、医師が診察すれば診断がつきます。
検査を行う場合は、一般的に眼科で行われる、屈折検査や眼圧検査、視力検査などになります。

巨大乳頭結膜炎の治療方法
巨大乳頭結膜炎の治療法としては、コンタクトレンズの使用を止めるということが一番です。
そして抗アレルギー点眼薬を使用して、治療をしていきます。点眼薬だけで不十分な場合には内服薬を使用する場合もあります。
再発を防止するには、コンタクトレンズをなるべく装用しない、コンタクトレンズのケアをきちんと行う、または1日使い捨てタイプにするなどの注意が必要です。

巨大乳頭結膜炎の初診に適した診療科目

巨大乳頭結膜炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ