過敏性大腸症候群カビンセイチョウショウコウグン

過敏性大腸症候群はどんな病気?
過敏性大腸症候群とは、いわゆる「緊張がハラに来る」症状です。つよいストレスを感じるとお腹がグルグル鳴る、ガスが溜まる、便意を催す、のような症状を起こします。大腸は実は神経と密接な関係があり、また精神状態とのリンクも強く そもそもが影響を受けやすい臓器です。この症状がやっかいなのは、トリガーが「ストレス」だということ。一度これでトラブルを起こすと再来を恐れ、その疑念自体からストレス連鎖を起こすことも。


過敏性大腸症候群の症状
過敏性大腸症候群の症状は、主に便通の異常によるものです。大腸の動きが活発になって内容物が急激に運ばれることにより、慢性的に下痢の病状が起こります。一方では、便秘の病状を示す場合もあります。大腸による収縮運動によって便の運搬が上手くいかず、その結果として便秘を誘発します。また、こうした下痢と便秘が定期的に繰り返される病状も見られます。

過敏性大腸症候群の原因
近年よく耳にする「過敏性大腸症候群(IBS)」の原因は、精神的ストレスによるものと考えられています。神経質な方や、不安や精神的ストレスを感じやすい方に多く見られます。胃腸と脳は自律神経により繋がっているため、脳が精神的圧迫や不安を感じた際のストレスによる自律神経失調症などの内的要因により引き起こされます。また、つい最近では腸のねじれによるものであるという考えもあります。

過敏性大腸症候群の検査と診断
過敏性大腸症候群は、主に大腸の運動や分泌機能の異常で起こります。検査方法は、大腸の検査などを行っても炎症や潰瘍などの異常が見られないものの、下痢やガス過多にる下腹部の張りなとが見られることが特徴です。主な原因として、自律神経の異常やストレス、緊張が引き金になることがあります。また、元々神経質な性格な人が、暴飲暴食やアルコールの多量に摂取したりすれば、症状が発症することがあります。

過敏性大腸症候群の治療方法
治療は内服を中心とした内科的治療が主とされているのです。この治療でも完全に症状が消失することはまれで、社会生活を送ることができるように、症状を軽減することしかできないのです。精神的・心理的要因が強く、内服で十分に治療できない時は、精神科・心療内科を受診し、カウンセリングを受けることが、過敏性大腸症候群の治療法なのです。

過敏性大腸症候群の初診に適した診療科目

過敏性大腸症候群の専門外来

過敏性大腸症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ