開咬カイコウ

開咬はどんな病気?
開咬とは、奥歯を噛み合わせた時に前歯が噛み合わず開いた形になる病気です。そのため、噛み切ることや発音に影響を及ぼします。指しゃぶりや舌を突き出す癖、おしゃぶりの長期使用などの後天的要因や鼻やのどの疾患による口呼吸が原因となります。そのため治療には、悪い癖をなくした上で、舌、口、唇の筋訓練か有効です。上の歯を引っ張り出す矯正方法や外科手術で下のあごを移動する方法もあります。


開咬の症状
開咬とは、奥歯を噛み合わせたとき前歯が噛み合わず、開いた形になる症状です。多くは指しゃぶりや舌を突きだす癖、おしゃぶりの長期使用など、後天的要因で起こります。鼻やのどの疾患による口呼吸も原因のひとつです。悪い癖をなくし、その上で舌、口、唇の筋訓練を行うことが有効な治療法です。また、上の歯を引っ張り出す矯正方法や外科手術でしたあごあを移動する方法もあります。

開咬の原因
開咬の原因としては、顎の骨格形成の遺伝や顎の発達不足、生活習慣が挙げられます。生活習慣による主なものとして、乳幼児期の哺乳瓶やおしゃぶりの使用の長期化、指しゃぶり、口呼吸、片側だけで頬杖をつく、ハンカチやタオルやペンを噛む、物を飲み込むときに歯の裏側に舌を当てる、歯の間に舌を挟む、舌を前に出すといったことが挙げられます。

開咬の検査と診断
開咬の検査方法は、個人に合う矯正治療が必要なもののため、歯のレントゲン写真、個別に歯の型、歯や顔の写真などをとってから検査します。また、骨格的な問題の可能性もあることから、それらの資料をもとに、精密検査の必要性もあります。骨格の形、歯や歯ぐきの状態などいろんな要素によって、治療方針もかわってきますので、歯の精密検査は非常に重要な項目になります。

開咬の治療方法
開咬とは常に前歯があいた状態のことで奥歯はきちんと噛み合っているのに、前歯だけが噛み合わない病気で矯正治療で治します。矯正治療は開いている場所や状態によって治療法が異なります。口が開いたままなので口の中が乾燥したり鼻が悪くなったりいろんな症状が出ます。遺伝によったり、舌によったり、乳幼児のおしゃぶりや舌のクセなどが原因になります。検査は治療精密検査をし診断します。

開咬の初診に適した診療科目

開咬の専門外来

開咬に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ