アレルギー反応アレルギーハンノウ

アレルギー反応はどんな病気?
アレルギー反応はかなり個人差があり、どのように出るかはさまざまです。食物アレルギーの場合は、食べてから30分程度で吐き気、嘔吐、咳などの症状がでます。その後ぐったりとし、じんましんが出る場合があります。更に重度になると、呼吸困難に陥ります。その他に、虫や植物などの場合は、湿疹やかぶれ、くしゃみ、鼻水などが出る場合があります。


アレルギー反応の症状
もし、アレルギー反応がおきた場合どのような症状がでるのでしょうか。まず、皮膚に現れる場合、皮膚が赤くなり痒みを伴います。蕁麻疹の場合、その部分を掻いたり刺激を与えたりするとみみずばれの様に腫れ、数十分の間消えません。反応が身体の内部でおきた場合、命に関わることがあります。それは気道に反応が出た場合です。腫れによって気道が塞がれ、窒息してしまうのです。

アレルギー反応の原因
アレルギー反応は、元々自分の体に入った異物を取り除こうとする免疫反応が、ある特定の抗原に対して過剰に起こることをいいます。つまり、自分の体を守ろうとする働きが過剰になることで、逆に、自分の体に害が生じるのです。また、乳幼児期における環境の清潔さを原因としてアレルギー疾患が増えるということも、2004年に明らかになりました。

アレルギー反応の検査と診断
アレルギー反応とは、特定の抗原に対して免疫反応が過剰に起こることをいいます。アレルギーは、主に四つに分類され、アナフィラキシー型・細胞毒(細胞溶解)型・Arthus型・遅延型に分けられます。検査方法としては、血液中の総IgE値を調べて判定する血液検査や、皮膚にアレルゲンを注射して反応を見るプリックテストが一般的な検査になります。

アレルギー反応の治療方法
アレルギーにより引き起こされる病気にも様々なものがあります。蕁麻疹、喘息、アトピー等です。アレルギーを起こす物にも、食品、ハウスダスト等様々であり、反応を起こす物質も人それぞれです。症状を無くす為にはまずアレルギー反応を起こす物質を体内に取り込まないようにする治療法があります。血液検査でアレルギー物質を特定し、食事、生活環境を整えます。

アレルギー反応の初診に適した診療科目

アレルギー反応の専門外来

アレルギー反応に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ