テクノストレス

テクノストレスはどんな病気?
テクノストレスとは、コンピュータやIT機器などとの関係が崩れたときに感じるストレスです。自分が進歩めざましいコンピュータ社会についていけてないのではと不安になるケース、あるいは逆にコンピュータに依存してしまって常に触っていないと落ち着かない、これらはどちらも症例に当てはまっていると言えます。またモニターを長時間見続けることから精神に悪影響が出るという報告もあります。


テクノストレスの症状
テクノストレスの症状は、頭痛や肩こりなどの体の病状が表れるものです。また、倦怠感や胃腸の不調、さらに食欲不振といったような病状が発現することもあります。さらには、目が乾燥するドライアイや遠くに目のピントが合わせるのが難しい調整痙攣、あるいは近くに目のピントが合わせるのが難しい調整衰弱といったような目の病状を表すようなこともあります。

テクノストレスの原因
現代人にはさまざまなテクノストレスは降りかかりますが、その原因はどのようなものなのでしょうか。この精神的な失調症状はコンピューターを扱うことで起こります。そして、コンピューターを扱うのが苦手であるために、それに適応できないことからなるものと、コンピューターに過剰に適応したために起こるものの、大きく二種類に分けられます。

テクノストレスの検査と診断
テクノストレスの検査方法は、主に問診による方法です。本人等のうったえによってそれだと診断されることです。そして、本人に該当する症状をチェックしてもらい、一定の条件を満たした後、それだと診断されるようになります。要するに、どれだけパソコン等の電子機器に依存してしまっているのかをテストするということです。その依存度で症状の重さをはかります。

テクノストレスの治療方法
テクノストレスはその症状によって治療法が変わってきます。眼に違和感を感じる場合は、目薬をしたり、プラグ挿入を行います。運動機能の異常が見られる場合は、ストレッチや温熱療法、針、灸、マッサージ、指圧で血流を良くしたり、筋肉の緊張をほぐしたり、精神科にかかったりする必要があります。際立った異常が見られない場合は、まず十分な休息をとります。

テクノストレスの初診に適した診療科目

テクノストレスの専門外来

テクノストレスに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ