大動脈解離ダイドウミャクカイリ

大動脈解離はどんな病気?
大動脈の壁に亀裂が入り、壁が内膜と外膜とに分離されてしまう病気を大動脈解離といいます。突然に発症することが多く、その場合は急性大動脈解離と呼ばれ、急性心筋梗塞とならんで、すぐに対処が必要な循環器の救急疾患です。


大動脈解離の症状
急性大動脈解離が起こった時には、突然の激しい胸や背中の痛みがあり、救急車を呼ぶことになります。まれに痛みが軽いこともあります。動脈の壁が分離されるために、手足の動脈への血流が悪くなり、手や足の激しい痛みが突然に現れてくることもあります。解離は高血圧がある人に起こりやすいといわれています。

大動脈解離の初診に適した診療科目

大動脈解離の専門医

関連部位から他の病名を探す

大動脈解離に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ