脳動静脈奇形ノウドウジョウミャクキケイ

脳動静脈奇形はどんな病気?
脳動静脈奇形とは、脳にある血管と、動脈と静脈の異常により起こる先天性の病気です。動脈と静脈が異常吻合している部分には、ナイダスと呼ばれている血の塊を見受けることができます。この病気は、若年性のくも膜下出血の原因として重要です。症状としては、ナイダスが破れると脳内出血や、くも膜下出血を引き起こします。その他の症状としては痙攣などがあります。


脳動静脈奇形の症状
脳動静脈奇形の自覚症状は頭痛や吐き気が多く、嘔吐もあります。最悪の場合、脳内出血が起こり、侵された脳の部位において片麻痺、言語障害、視覚障害、感覚障害などの障害が起こります。次に多いのがてんかん発作で、上肢または下肢の一部に痙攣が起こったり、全身で痙攣が起こったりすることです。くも膜下出血が起こる場合は頭痛や吐き気がずっと続き、障害が残ることもありますが、脳動脈瘤破裂の場合は比較的軽く済みます。

脳動静脈奇形の原因
脳動静脈奇形は、胎生期における脳内の毛細血管の発生の仕方に異常が生じているために、動脈・静脈をつないでいる血管異常が発生することで引き起こされる病気なのです。すなわち、この病気は先天性の脳内の血管異常が原因で引き起こされるのです。上述したような動脈・静脈をつなぐ血管異常部では、血液が異常に多く流れる反面、周囲の脳の血液の流れが少なくなり、これはけいれんにもつながるものなのです。

脳動静脈奇形の検査と診断
脳動静脈奇形であるかどうかを判断するためには、画像診断を利用する方法が考えられます。別の言い方をすれば、直接的にこの疾患であるかどうかを判断する検査方法としては、これらの画像診断が、現在においては唯一無二の方法であると考えられます。PETなどの画像診断により、脳の血管に奇形が存在するかどうかを医師が目で見て判断をすることになります。

脳動静脈奇形の治療方法
脳動静脈奇形の治療法は、手術によって治療を行います。開頭手術を行なうことによって直接原因となる脳の動静脈の奇形を摘出します。また、手術が難しい部位に対しては、放射線治療によって奇形部分の血管を閉塞させる治療が用いられます。さらに、体に負担が少ない治療手段として、カテーテルによる塞栓術を行うという方法も選択として取り得るものです。

脳動静脈奇形の初診に適した診療科目

脳動静脈奇形の専門外来

脳動静脈奇形の専門医

脳動静脈奇形に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ