野兎病ヤトビョウ

野兎病はどんな病気?
野兎病菌を原因とする感染症である。ヒトや野ウサギ、プレーリードッグ等に感染します。ヒトにおいて症状は、3、4日潜伏し、突然の発熱、頭痛、悪寒、吐き気、嘔吐、衰弱、化膿、潰瘍の発生がみられます。未治療だと3割以上の死亡率になる病気で、適切な治療を行えば、ほとんどは回復します。予防としては、ワクチン接種や、野ウサギとの接触回避があげられます。

野兎病の症状
この病気はペストに似た感染症で野兎病菌という細菌の感染によって起こる急性の熱性疾患です。潜伏期間は3~7日で、突然の発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛などの風邪に似た症状が出ます。その後腋の下やひじの下のリンパ節が腫れてきます。また菌が侵入した指などに潰瘍ができたり、壊死が起こる場合もありますので、感染したと思ったらすぐに医師に見せてください。

野兎病の原因
今ではこの野兎病がとても発生されているのが話題になっているのですが、この病気の原因は「食生活」にあるのです。日々偏っている食生活を送ることによって、この病気が発生するのです。また、この病気は「体調不良」を引き起こすだけではなく「痙攣」にも繋がるので、安心する事ができません。食生活によって、改善されるので、いち早く見直す事が大事なのです。

野兎病の検査と診断
野兎病は野生の野兎に触ったり菌に汚染された水やホコリに接触することで発症します。飼っているペットのウサギから人に感染することもあります。人に感染すると高熱が出てリンパ節が腫れてきたり、頭が痛くなってきたりします。検査方法としては血液を採取し抗体が出来ているか調べる他に、腫れたリンパ節から病巣をとり細菌培養をして細菌がいるかどうかをみます。治療には抗生物質を使用します。

野兎病の治療方法
野兎病に対して、どのような治療法が良いのか。これは、医学的にはほぼ定型的な手法が用いられていて、その治療も安定しています。野兎等の野生の動物に由来する細菌の除去効果をもたらす、ストレプトマイシンと呼ばれる抗生剤が有効であるとされ、これが処方されるのが一般的です。クロラムフェニコール、テトラサイクリンと呼ばれるものでは、再発のおそれがあると言われています。

野兎病の初診に適した診療科目

野兎病の専門外来

野兎病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ