単純性腎嚢胞タンジュンセイジンノウホウ

単純性腎嚢胞はどんな病気?
片側あるいは両側の腎臓に1~数個の嚢胞ができる病気です。

単純性腎嚢胞の症状
通常は無症状でほとんど問題になりませんが、嚢胞による圧迫症状や高血圧、水腎症、血尿を来す時は、嚢胞液を穿刺吸引後にアルコールなどで固定したりするなどの外科的処置が必要となることもあります。孤立性の大きな嚢胞ができた場合は、時に圧迫症状を呈することもあります。また腎盂の近くにできたものは水腎症を来しやすく、水腎症を起こすと尿が停滞し、腎盂は腫大して嚢状となります。腫大した腎盂により腎実質が圧迫されると、次第に腎実質が乏しくなり、腎機能障害が生じます。

単純性腎嚢胞の初診に適した診療科目

単純性腎嚢胞の専門外来

単純性腎嚢胞の専門医

単純性腎嚢胞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ