薬物依存ヤクブツイゾン

薬物依存はどんな病気?
薬物を長期的に摂取するとその薬物に対して体に耐性ができてしまい、その薬物の効果が薄れる場合があります。その際その薬物を渇望する状態になったり、その薬物をやめると禁断症状がでたり、その薬を精神的にやめられなくなってしまう精神疾患を薬物依存症といいます。精神的な病気の治療薬に依存する場合が多く、その人の意志に関係なくおこる病気の為、病院での治療が必要な症状です。


薬物依存の症状
薬物依存の症状は十人十色といっても良い程たくさんあります。薬物の種類にもよりますが、薬物がないことにより発症する状態は24時間監視が必要なほど自制心を失い、幻聴や幻覚といった恐怖に教われることが多くあります。その他、生活に支障をきたす軽度なものでは耳鳴りがずっと続くものや、震えが止まらない、視線が定まらないといったものがあります。

薬物依存の原因
薬物依存の原因は主に体の薬物に対する耐性により生じるとされています。これは薬物に対して人間の体のシステムにより常に恒常性を保とうとする作用が働くためで、薬物を投与しても体は影響を受けない方向に変化していくということです。そのため薬物を投与しているうちに効果が薄れてきて、さらに投与量を増やすというように、依存を生じてしまうわけです。

薬物依存の検査と診断
薬物依存の検査方法は、病院に限らず、例えば学校機関や会社等の健康診断で行われることが普通です。これは、組織内に法に抵触している者がいないかどうかを調べるためです。具体的には、尿検査という方法が用いられます。数日間、薬物を服用しなかった場合においても、しばらくは尿にその証拠が残ります。場合によっては、生えてくる髪の毛から検査する方法が用いられます。

薬物依存の治療方法
薬物依存を治療するにあたり最も大切なことが、薬物原因を2度と体内に入れないと言ったような徹底した管理です。治療後も再び体内に薬物が入ってしまうと自分では摂取量をコントロールをする事が難しくなる為です。治療法としては、状態が悪化している場合など深刻性が深い時は入院療法が用いられたり、軽度の場合には心理療法を中心とした外来療法などが用いられます。

薬物依存の初診に適した診療科目

薬物依存に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ