耳下腺腫瘍ジカセンシュヨウ

耳下腺腫瘍はどんな病気?
耳下腺腫瘍とは、耳下腺、顎下腺、舌下腺にできる腫瘍とまとめられて、唾液腺腫瘍と呼ばれています。良性の腫瘍、悪性の腫瘍どちらもできる可能性があり、良性の腫瘍の一部が癌化することがあります。発生場所によって名称が異なり、耳下腺良性腫瘍や耳下腺癌、顎下腺悪性リンパ腫などと呼ばれ、耳下腺で発生する確率が最も高い腫瘍となっています。


耳下腺腫瘍の症状
耳下腺腫瘍の主な症状は耳やあごの下の腫れやしこりです。ちょうどおたふく風邪の時に腫れる部分が腫れます。痛みや顔面の神経麻痺がなくしこりだけがあり、しこりをつまんで動かしてみても痛まずによく動く場合と、顔面神経麻痺を伴いしこり自体を触ってもあまり動かない場合があります。また、食事をしている時などに耳の回りの筋肉が張ってくるような感じを覚える人もいます。

耳下腺腫瘍の原因
耳下腺腫瘍の発生する原因は、未だ詳しくわかっていません。主な症状としては、耳の下やあごの下の腫れやしこりです。良性腫瘍の場合は、痛み等をとも伴わないので大きくなってから見つかる場合が多いです。悪性腫瘍の場合は、腫瘍の大きくなるスピードがはやく痛みや顔面麻痺があらわれます。手で腫瘍を上下左右に動かそうとしても動きません。

耳下腺腫瘍の検査と診断
耳下腺腫瘍検査方法としては超音波検査、唾液腺造影、CT、MRI、RIシンチグラムなどがあり腫瘍の形、大きさ、部位などから診断します。それで疑わしい腫瘍と診断されたら、まずは良性か悪性かどうかをしらべなければいくません。良性か悪性かを調べるために組織型は手術をして、それで取れた腫瘍を組織検査に出してから最終確定判断がでます。

耳下腺腫瘍の治療方法
耳下腺腫瘍は外科医、耳鼻咽喉科医、形成外科医、頭頸部外科医または歯科口腔外科医によって治療が行われます。治療法は良性腫瘍の場合ならば、観察経過や外科的切除を行います。悪性腫瘍の場合ならば、腫瘍の完全切除、拡大切除、頸部リンパ節郭清を行います。場合によっては補助的な意味での放射線治療や化学療法も行われることもあります。腺癌系腫瘍では重粒子線治療が有効とされています。

耳下腺腫瘍の初診に適した診療科目

耳下腺腫瘍の専門外来

耳下腺腫瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ