慢性胃炎マンセイイエン

慢性胃炎はどんな病気?
慢性胃炎の原因は、ストレスにあると言われています。まずストレスを軽減することが大切ですが、仕事から来るストレスの場合、なかなか環境を改善することができません。そこで、最近は漢方を使った治療が行われています。漢方は主治医に相談することで、処方して貰えます。製薬と併用することで、さらなる効果が期待されます。もちろん健康保険適用です。


慢性胃炎の症状
中にはほとんど何も感じないという人もいますが、慢性胃炎になると主に胃の違和感や不快感、食欲不振、倦怠感などの症状が見られるようになります。また空腹時や食後に胃の痛みを感じたり、胸焼けや吐き気が起こり、ひどくなれば嘔吐をくり返すしたりします。胃の内部の粘膜が薄くなることによって胃壁の血管が傷くことによって、血を吐くケースも見られます。

慢性胃炎の原因
慢性胃炎の原因として考えられるものは、何と言ってもストレスが一番大きな要素なのです。一度何かストレスを溜め込んでしまい、それを発散することなくさらにストレスが溜まってきてしまうととても厄介なことになります。胃炎が一度は治ってもすぐにまた再発したり、ずっと治りにくかったりしてしまうのです。慢性的なストレスが一番悪いと言えるでしょう。

慢性胃炎の検査と診断
慢性胃炎の検査方法は胃カメラを使った方法があります。胃カメラで検査するときは前日から食べないでいるので検査の日は仕事があるときは休むようにしておいた方が良いです。胃カメラは口から入れる直前に喉に麻酔をかけますから痛みもなくできます。場合によっては食道が細い人がいたり嘔吐症状の出るときは鼻からカメラを入れる方法もあります。

慢性胃炎の治療方法
慢性胃炎は、仕事や人間関係、ストレスが原因で起きる現代病の一つで、胃が炎症を起こし慢性的に胃に不快感がある病気です。治療法は、食事療法と薬物療法があります。食事療法では暴飲暴食をや刺激物を避け、胃に負担かからない食事をとるように食生活を見直しましょう。薬物療法は市販薬よりも、医師の診断により処方された治療薬を服用することが望ましく、途中で辞めずに飲み続けましょう。

慢性胃炎の初診に適した診療科目

慢性胃炎の専門医

慢性胃炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ