熱傷ネッショウ

熱傷はどんな病気?
熱傷とはいわゆる火傷で、その段階は1から3度までにわけられています。1度では、皮膚表面のみが赤くなったりヒリヒリした軽い痛みを伴うものになり、ほとんどが痕を残すことなく治癒します。2度では、表面から深い真皮までに達したもので、痛みは強く、皮膚はただれ、水ぶくれとなり、痕を残して治癒することが多いです。3度は痛みを感じないほど重度なもので、皮膚は乾燥し、皮膚移植が必要になったりと痕を残します。


熱傷の症状
熱傷は症状により3段階に分かれます。1度は、皮膚の色が赤くなり、痛みとひりひりする感じがあります。2度は、皮膚は腫れぼったく赤くなり、水膨れになるところもあり、強い痛みと焼けるような感じや、痛みや皮膚の感覚がわからなくなることがあげられます。3度は極めて重篤で、皮膚は乾いて弾力性も無く蒼白になり、場所によっては焦げています。痛みや皮膚の感覚が分からなくなることがあります。

熱傷の原因
熱傷は、一生のうちに誰もが一度は経験すると言っても過言ではないほど頻度が高い外傷の一つで、熱で皮膚の組織が破壊されて本来持っているべき防御機能が失われてしまった状態のことです。原因は日常生活の中でお茶やコーヒーをこぼしたり、ポットの湯がかかる、ストーブやアイロンに触るなどです。治療法は慌てて医療機関に行くことよりも応急措置の迅速な対応により傷の度合いが変わってしまいますので注意が必要です。

熱傷の検査と診断
熱傷とはヤケドのことで1度から3度までの区分に分けられ、1度は軽く水ぶくれができる程度のものです。2度は皮膚の下の真皮まで達するもので2、3週間で治り傷跡も殆ど残りません。3度は重度のヤケドで皮膚移植などを行なわないのといけないようなヤケドのことです。このヤケドの検査方法としては、痛覚試験を行なうことでヤケドの度合いを診断します。

熱傷の治療方法
熱傷の治療法は、応急処置・酷い場合はその後に病院での治療を行うのが一般的です。応急処置は家庭や会社でやけどを負った場合は、服を脱がずに患部をすぐに冷却して数分~数十分そのままにします。手に負えない規模の場合は、皮膚科に行き抗生物質の塗付と消毒をしてもらって化膿しないようにします。最も重度の場合は、皮膚移植が必要となり数カ月に渡る入院が必要な場合もあります。

熱傷の初診に適した診療科目

熱傷の専門外来

熱傷に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ