尿路感染症ニョウロカンセンショウ

尿路感染症はどんな病気?
尿路感染症とは、尿路に病原菌が付着することによって尿路に炎症を起こす病気です。症状としては、発熱があったり、腰や背中に鈍い痛みがあり、これがひどいときは、腹痛がある場合もあります。他の症状としては、本来なら膀胱炎によく見られるような残尿感などの不快感や頻尿の症状があり、膀胱炎を併発している場合には血尿が出る場合もあります。

尿路感染症の症状
尿路感染症とは尿管から細菌が入り込み尿管に炎症を起させる症状のことをいいます。臨床的には尿管が腫れて尿を排出するのが困難なくらいの激痛が走ることで知られています。多くの場合、抗生物質を投与することで数日で快方に向かうことが知られていますが、稀に膀胱のほうまで感染が広がり膀胱炎を引き起こすことがあるので注意が必要なのです。

尿路感染症の原因
尿路感染症(にょうろかんせんしょう)とは、尿路に細菌が生着して起こってしまう感染症のことです。この病原体が侵入する経路として、血液から腎臓などに入るものと尿道から膀胱などへ逆流してしまうものがあります。原因の病原体として最も多いのは大腸菌で、それ以外はほとんど腸内細菌です。とくに女性は膀胱が短いので、この感染症にかかりやすいと言われています。

尿路感染症の検査と診断
尿路感染症は、尿道に細菌が感染して起こる病気ですので、これを診断する際の検査方法は、まず尿検査から始まります。尿の中に細菌や白血球が混ざっていないかを判断するのです。まだ乳幼児期の際で、オムツを使用している場合の尿摂取は、便が混ざらないように採尿パックを利用します。この尿から細菌を採取して、菌の種類を調べて適切な処置へとつなげます。

尿路感染症の治療方法
尿路感染症の治療法は発熱をともなわない場合は、抗菌薬を3日間服用すれば完治するといわれています。ですが高熱をともない、腎盂腎炎の可能性がある場合は抗菌薬を2週間投与する必要があります。腎盂腎炎を発症した場合は、食欲もなく脱水症状になっていることが多いため、点滴で抗菌薬を投与します。食欲がでてくれば抗菌薬を飲み薬で続けます。

尿路感染症の初診に適した診療科目

尿路感染症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ