尿道炎ニョウドウエン

尿道炎はどんな病気?
尿道炎とは主に男性のものを意味し、その多くは性感染症を伴う場合がほとんどです。女性の場合は膀胱炎から炎症が波及した場合に起こり、臨床的には単独で診断することはありません。男性の場合の原因は性行為による淋菌性のものと、それ以外の微生物による非淋菌性に大別されます。非淋菌性の少雨原因微生物はほぼ4~5割がクラミジアで、これは自覚症状が軽いクラミジア感染が女性に蔓延しているためと考えられています。

尿道炎の症状
尿道炎の症状には、排尿する時にしみるような痛みを感じます。時にはズキズキ刺すような痛みが現れる時もあります。そして尿の中に血が混じります。尿道が炎症を起こす事の出血なので沢山の出血を起こす事はまずないです。尿の中にうっすらと血液が混じります。ティッシュで拭いた時にも血がつく事もありますので、異変にきずきます。そして下腹部痛や発熱をする時もあります。

尿道炎の原因
尿道炎とは、主に男性の病気の意味を持ちますが原因としては、性行為による微生物感染であり淋菌によるものとそれ以外の微生物による非淋菌性に別れます。非淋菌性の場合には5割くらいは、クラミジアによるものです。その他に非淋菌性として考えられるのは、マイコプラズマ・ゲニタリウムが当てはまります。これは非淋菌性の大体4分の1くらいを占めています。

尿道炎の検査と診断
尿道炎の検査方法は尿検査で行います。尿検査で白血球の量を調べることで診断を行います。しかし、クラミジア・マイコプラズマの場合は白血球が増えないこともあり、尿検査だけでは診断できません。そこで、PCRという検査を行います。PCRは尿中のクラミジア抗菌や淋菌を検出する方法で、95%の確率で診断できる非常に感度の高い方法です。

尿道炎の治療方法
尿道に炎症がおこり、赤くなったり、痛みや膿が出たりするのが尿道炎です。主に、薬による治療法でなおします。主な原因が細菌による増殖により、炎症がおこるので、薬をもちいて、治していきます。なので、おおよそ、一週間ほどでよくなります。ですが、治療中に、性行為をすることにより、相手にし移る危険がありまた、自分へ相手を介してまた、移る場合もあります。

尿道炎の初診に適した診療科目

尿道炎の専門外来

尿道炎の専門医

関連部位から他の病名を探す

尿道炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ