膀胱炎ボウコウエン

膀胱炎はどんな病気?
膀胱炎は、一般的に男性よりも女性がなりやすい病気だと言われております。また、一度発症すると再発することの多い病気です。この病気の主な症状は、尿が白く濁ったり、尿に血が混じる血尿がでたり、排尿時に痛みを発したりします。また、放っておくと、激しい痛みと共に発熱を引き起こします。また、腎孟腎炎などを引き起こす恐れがあります。

膀胱炎の症状
人間は一定の尿意を感じたら排泄をしないと我慢ばかりしていると膀胱炎になってしまいます。症状は膀胱のある辺り、つまり下腹部に痛みを感じます。コントロールが効かなくなり、尿漏れしたりします。泌尿器科で薬を処方してもらい、その痛みが和らぐようにつとめてトイレへ行くようにしましょう。なかなか自分のペースでトイレへ行けない職業のかたは要注意です。積極的に排泄は済ませるようにしましょう。

膀胱炎の原因
膀胱炎は膀胱に細菌が侵入し粘膜に炎症を起こす事が主な原因です。女性は尿道が男性より短いため細菌が侵入しやすく、それになりやすいのです。よくあるのは排尿を我慢したため、細菌を排出できず、炎症を起こす他、生理用ナプキンを頻繁に交換しないなどの不衛生やストレス等により、免疫が落ちていてもなりやすくなります。最近は、性感染症からなる事が多いこともわかっています。

膀胱炎の検査と診断
膀胱炎が疑われた場合の検査方法とは、一般的にはまず尿検査をします。病院で紙コップに尿をとって医師に顕微鏡で見てもらうのです。膀胱が炎症を起こしていると言う事は、膀胱に菌が繁殖しています。尿を顕微鏡で検査する事によりその菌を見つけて正式な病名が診断され薬が処方されます。尿に血液や菌が無いのかをまず病院では検査されるのです。

膀胱炎の治療方法
膀胱炎のはいくつかの治療法があり、一つは水圧拡張療法、もう一つが薬を内服する方法があります。水圧拡張療法は膀胱に生理食塩水を入れ、炎症により萎縮した膀胱を伸ばします。半分近くの人は症状改善が見られますが、永久的なものではなく、1年以内で症状が再発することがあります。内服薬の場合も症状があまり改善されない場合は、膀胱内に直接薬を注入する方法が取られることもあります。

膀胱炎の初診に適した診療科目

膀胱炎の専門医

膀胱炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ