つわり (妊娠悪阻)ツワリ

つわり (妊娠悪阻)はどんな病気?
つわりは妊娠初期に起こる症状であり、悪阻とも呼ばれます。妊娠5週くらいから起こることが多く、吐き気、眠気、食欲の減退などが見られます。また、急に食べ物や洗剤の匂いに敏感となる場合や、食べ物の味覚の好みが変化するといった症状が見られることも多く、初めて妊娠に気づく女性も多いです。この症状は妊娠16週頃には落ち着くことが多いですが、症状の重さには個人差があり、長引くこともほぼ症状がない方もいます。


つわり (妊娠悪阻)の症状
つわりで一番多く見られるのが吐き気です。酷い人は実際に嘔吐をくり返す場合もあります。臭いにも敏感になり通常では何でもない生活臭や食べ物の臭いなどにも嫌悪感を持つことがあります。また食べ物を見るだけで胸焼けのような感じがする場合や、胃の痛み、便秘や下痢になりやすくなる、普段より激しい眠気に襲われるなど、症状は人により様々です。

つわり (妊娠悪阻)の原因
つわりが何故起こるのかについては、黄体ホルモンなどが大量に分泌されるため、これらの変化に身体がついてこないことの他にも、妊婦の身体が胎児を異物だと感じることによるアレルギー反応など様々な見解があります。しかし多くは、急激な身体の変化に自律神経のバランスが混乱し、副交感神経の緊張状態をまねいてしまうことによる一種の自律神経失調症となってしまうことが原因ではないかと考えられています。

つわり (妊娠悪阻)の検査と診断
つわりの検査方法は簡単にできます。症状が表れると、尿にケトン体とよばれるものが増加するので、尿検査をしてケトン体の量を測定することで出来ます。検査は、水分を全く受け付けない、、体重が5キロ以上減少、1日に嘔吐を5回以上するという人が対象となります。ケトン体が多いほど症状も強いとされています。他にも血液検査をしてケトン体を測定する方法もありますが、尿検査の方が手軽なので多く行われています。

つわり (妊娠悪阻)の治療方法
つわりの症状で吐き気や嘔吐が強い場合は、治療法として、水分摂取の為の点滴を行います。水分と少し糖分を体内に取り入れることと、ビタミン不足の予防に、ビタミン類も点滴で加えます。症状が強い時は入院して点滴を続けます。吐き気が酷い場合は、制吐薬を使って吐き気を抑えることもありますが、対症療法なので根本的に治す薬はありません。

つわり (妊娠悪阻)の初診に適した診療科目

つわり (妊娠悪阻)の専門外来

つわり (妊娠悪阻)の専門医

つわり (妊娠悪阻)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ