睡眠時無呼吸症候群スイミンジムコキュウショウコウグン

睡眠時無呼吸症候群はどんな病気?
睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時に呼吸停止に陥る病気の事で、通常の呼吸とは違って10秒以上呼吸が無い事を指します。この病気の原因は特に肥満に因るものが大きく、首周りの脂肪が空気の通り道である気道を塞いでいる事で呼吸が困難になります。無呼吸は日中の生活に支障を及ぼす事が知られており、居眠り運転や作業事故につながる可能性もあります。思い当たる節がある方は医師に相談して改善方法を探していきましょう。


睡眠時無呼吸症候群の症状
睡眠時無呼吸症候群の症状は様々あり、睡眠時の呼吸停止、いびき、起床時の頭痛、抑うつ、日中の眠気や倦怠感、睡眠時に脳が覚醒状態となる中途覚醒、夜間頻尿、不眠症、咽喉が乾く、糖尿病性昏睡、男性の場合はインポテンツ、女性の場合は月経不順などがあります。自分では気づきにくく、家族等、同じ部屋に寝る人がいない場合、発見が遅れることが多々あります。

睡眠時無呼吸症候群の原因
睡眠時無呼吸症候群の原因としては、肥満によりアゴ、首に脂肪が多く付いている場合や、アゴが小さいということに加え、病気(アデノイドなど)によって扁桃が肥大している場合や、花粉症などのアレルギーで鼻が詰まりやすい体質であるということが多いですが、アルコールの大量摂取によって首まわりの筋肉がゆるんで、のどがふさがりやすくなるという場合もあります。

睡眠時無呼吸症候群の検査と診断
睡眠時無呼吸症候群の検査方法は、時間がかかるため病院内に泊りがけで行われます。睡眠ポリグラフ検査という方法を用い、眠っている間に行う検査です。この検査では脳波、呼吸状態、血液の濃度などをセンサーで測ります。通常の検査と違い、夜に行われることが多く、仕事に影響のない範囲で受けることが可能です。この時の検査結果により最終的な判断を行うことが出来ます。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法
睡眠時無呼吸症候群の患者には肥満気味の患者が多く、たいていはダイエットによって体重を落とすだけでも症状の大きな改善を望むことができます。肥満がではなく気道の形態の異常が明らかに認められるケースでは手術を用いた治療法が検討されます。これらに合わせて呼吸に充分な気道の確保を助けるための手段として薬物療法を行う場合もあります。

睡眠時無呼吸症候群の初診に適した診療科目

睡眠時無呼吸症候群の専門外来

睡眠時無呼吸症候群の専門医

関連部位から他の病名を探す

睡眠時無呼吸症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ