慢性疲労症候群マンセイヒロウショウコウグン

慢性疲労症候群はどんな病気?
慢性疲労症候群とは、原因のわからない強い疲労が長期にわたり続くもので、症状としては他にも、微熱や喉の痛み、リンパ節の晴れや筋力低下など、人によって他にもかなり様々な症状が出ます。これは認知度が低いこともあって、うつ病や神経症、自律神経失調症などと誤診されてしまう可能性があるため、適切な診察をしてもらえる病院を受信しましょう。

慢性疲労症候群の症状
慢性疲労症候群の症状ですが、通常の疲労よりも著しい疲労状態が6か月以上続き、日常生活を行うことができなくなってしまいます。さらに微熱、悪寒やのどの痛み、関節痛、筋肉痛、頭痛、睡眠障害、集中力や記憶力の低下、思考力の低下、光や音に対し敏感になる、首や脇の下のリンパ節の腫れや痛み、体の体温調整がうまく行えないなどがあります。

慢性疲労症候群の原因
慢性疲労症候群とは体中くまなく調べても異常がみつからないため原因が何であるか判明してはいません。考えられるものとしてはこの病気は家族性の病気とされているため感染性とも考えられています。そのほかにもさまざまな説が唱えられておりその一つに心理的な要因が考えられています。心の状態が免疫などに影響を与え、疲れやすくなるのかもしれません。症状にもうつ病に似た症状がいくつかあります。

慢性疲労症候群の検査と診断
慢性疲労症候群に関する検査方法には10の項目があります。覚醒時平均活動量、睡眠時間、自律神経機能、単純計算課題、酸化ストレス、起立試験、唾液中ヘルペスウイルス、DNAチップ、PET(陽電子放射断層撮影)、MRS(磁気共鳴スペクトロスコピー)の10の検査は、この病気がと確定された患者にのみ行われる検査です。例外的にだれでも受けられる施設もありますが費用は高額です。

慢性疲労症候群の治療方法
慢性疲労症候群の治療法には、主に三種類あります。心療内科や漢方医にかかって治療します。一つ目は、抗うつ剤や抗不安剤の投与による薬理療法です。これは副作用に十分注意すべきものです。二つ目は副作用が少ないとされる漢方処方ですが、十分な効果を得るためには、処方する医者の力量が必要です。三つ目は、化学薬剤を使用せず、サプリメントなどで体質改善を行いながら、カウンセリングで治療する非薬理療法です。

慢性疲労症候群の初診に適した診療科目

慢性疲労症候群の専門外来

慢性疲労症候群の専門医

慢性疲労症候群に関する書籍はこちら

慢性疲労症候群の治療・診断をご希望される方へ最適な病院・クリニック・診療所をおすすめします。
慢性疲労症候群に関する病院・クリニック・診療所は以下の診療科目からお探しください!
病院検索ホスピタ【HOSPITA】なら、現在診療中の病院・クリニックがすぐにわかるため、安心してご利用いただけます。

この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ