アレルギー

アレルギーはどんな病気?
アレルギーというものは、生物にとって非常に大事なものです。要するに身体に入ってきた異物を吐き出そうとする拒絶反応なのです。ですから、必ずしも悪いと限らないものなのです。しかし、あまりにも反応が強いと命関わることがあります。拒絶反応自体を克服することができる薬はありませんが、環境によっては治ることがあります。諦めないでがんばってみることです。


アレルギーの症状
アレルギーが引き起こす症状は人それぞれでその程度や症例も異なります。代表的なのはじんましんなど皮膚の異常、ぜんそくや呼吸不全など呼吸器の異常、腹痛や吐き気など消化器の異常、複数の臓器や全身に異常が起こるアナフィラキシーショックなどです。これらが複合的に発症することもありますし、重篤な場合は死に至ることもあります。特にアナフィラキシーショックは迅速な対応が求められます。

アレルギーの原因
一言でアレルギーといっても、様々なタイプのものが存在します。おそらくその存在さえも明らかになっていないものも含めると、とてつもない数になると考えられます。その原因となる物質も非常に多く、非常にまれなケースも含めると、ほとんどすべての物質が、その要因になるとさえも考えられます。一般的によく知られるのは花粉や、食べ物の成分など、身近なものです。

アレルギーの検査と診断
一般的にアレルギーである可能性が疑われる時に行われる主な検査方法は3つあります。このうち最もポピュラーなのが血液検査です。これは血液中の関連物質の量を調べ原因物質を特定する方法です。次によく行われれるのが皮膚検査です。一般的にはパッチテストの手法が良く用いられます。これは皮膚に原因物質を張り付け反応を見ます。最後に負荷試験と呼ばれるもので、原因物質を直接摂取し反応を見るという方法です。

アレルギーの治療方法
アレルギーの治療法は、人によってかなり異なる傾向にあります。一般的なのはアレルゲンを除去する方法で、治療薬で改善に向かう場合もあります。また毒素を排出することが重要で、腸内環境改善であったり、抗酸化物質を増強することで、改善することもあります。軽度なケースではステロイドの含まれた塗り薬であったり、食事改善が有効的です。

アレルギーの初診に適した診療科目

アレルギーの専門外来

アレルギーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ