猫ひっかき病ネコヒッカキビョウ

猫ひっかき病はどんな病気?
バルトネラ・ヘンセレという細菌に感染している猫にひっかかれたり、咬まれたりすることによりリンパ節の腫れなどの症状がでる。


猫ひっかき病の症状
傷ができてから3~10日で丘疹・水疱ができたり化膿したりする。2週間後リンパ節の腫れが硬くなり押すと痛むようになる。発熱、頭痛、免疫が弱まっている人は重症化することがある。

猫ひっかき病の治療方法
ほとんどの場合は自然に治るが重症化した場合や症状が長引く場合は投薬治療をする。

猫ひっかき病の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

猫ひっかき病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ