網膜剥離モウマクハクリ

網膜剥離はどんな病気?
網膜剥離とは、網膜が剥がれ視力が低下する病気です。痛みを伴わないために発見が遅れる場合がありますが、前兆として何かを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える飛蚊症になることがあります。急激に剥離が進行した場合には視力低下から失明する恐れもあり、早期発見が重要となります。主な治療としては、裂け目ができている場合はレーザーを使用する光凝固法を用い、すでに網膜が剥がれている場合は手術を行います。


網膜剥離の症状
網膜剥離は網膜の中に裂け目が出来てしまいその傷口が引き起こす水が網膜の中の黄斑などを覆いキズ付けてしまうという状況です。そのような状況ですので症状としては目を動かして視線を移動させてもずっと目の移動とともに墨をこぼしたような真っ黒い物体が一緒に動いてしまうということになります。また最悪の場合はそのあまま失明する可能性もあります。

網膜剥離の原因
網膜剥離の原因は、網膜が引っ張られてできた裂け目から、水が入って網膜が剥離するからです。目の内部を満たすゼリー状の硝子体は、加齢によって部分的に液状化してしまうことがあります。その際、ゼリー状の部分が目の動きにつられて移動するようになり、網膜が引っ張られて裂け目ができてしまうのです。また、糖尿病に起因することもあります。

網膜剥離の検査と診断
網膜剥離の検査方法は、眼底検査です。簡単に診断することができます。散瞳薬を用いて瞳孔を広げ、特殊なレンズを使用して、眼底の網膜裂孔ができやすい部分を見ます。また、硝子体出血が原因で眼底を見ることができない場合は、超音波検査、CT、MRI検査を行う場合があります。しかし、稀に眼底検査でも見つからないことがあります。その場合は、検査を繰り返し行うことが必要となります。

網膜剥離の治療方法
ほとんどのケースで手術が必要となる病気なのですが、ごく希に若年層の人で自然治癒がみられます。治療法の手術は経強膜法と硝子体手術の2種類があり、基本的には若年者に多い格子状変性の円孔による丈の低いものの場合は、ほとんど経強膜法での手術が行われます。中高年者の丈の高い網膜剥離では、裂孔の位置や大きさなどでどちらの方法を選ぶかを決めます。

網膜剥離の初診に適した診療科目

網膜剥離の専門外来

関連部位から他の病名を探す

網膜剥離に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ