角膜ヘルペスカクマクヘルペス

角膜ヘルペスはどんな病気?
角膜ヘルペスは単純ヘルペスというウイルスが角膜に感染して起こる病気です。涙が出る、見にくい、充血するなどの症状が見られます。
ウイルスが角膜の表面の上皮で増える上皮型と、角膜の中心層である実質層でウイルスに対する免疫反応が起こり、炎症が起こる実質型があります。
他の目の病気とは異なり、よく再発することが大きな特徴です。

角膜ヘルペスの症状
角膜ヘルペスの症状は、上皮型では目がコロコロし、充血します。痛みはあってもそれほど強くはなく、視力の低下は軽度です。上皮に小さい混濁が生じて、徐々に融合すると木の枝のような形となり、これを樹枝状角膜炎といいます。
実質型では、充血とともに視界がぼやけ、視力がかなり低下します。実質層の角膜が丸く腫れ、濁ってきます。

角膜ヘルペスの原因
角膜ヘルペスの原因は、単純ヘルペスウイルスの角膜への感染によるものです。
単純ヘルペスウイルスは、体の各部位に感染して潜伏していることがあります。そうして眠っていた単純ヘルペスウイルスが、体調不良やストレス、あるいは環境の変化などといった他の要因によって覚醒し、角膜の表面に表れることによってこの病状を発症することになります。

角膜ヘルペスの検査と診断
角膜ヘルペスの検査では、細隙灯顕微鏡を使って、上皮型の特徴である樹枝状角膜炎を認められるかどうか、または実質型の特徴である円形の実質混濁の有無により診断します。
特徴的な所見を示さない場合には、病変部をこすり取り、そこにヘルペスウイルスがいるかどうかで確定診断を行います。

角膜ヘルペスの治療方法
角膜ヘルペスの治療法では、単純ヘルペスウイルスに対する特効薬のアシクロビル眼軟膏を使用します。
ただ実質型では体の免疫反応を抑えないと混濁がとれないので、副腎皮質ステロイド系の点眼も併用して行われます。
この病気は再発しやすいので、その都度きちんと早めに治療することが大切です。

角膜ヘルペスの初診に適した診療科目

角膜ヘルペスに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ